• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュークドラゴン研究日記 その1

先日情報が公開されたスペクトラルデュークドラゴン

今回も早速プロキシーを使って模擬戦闘を行ってみることにしました

今回はその時の使用感について書いていこうと思います □思った以上に動きづらいかも

結論から言うとかなり動きづらいという印象がありましたね
そして4ダメージくらう、つまりLBが発動していないと案外動きづらいと感じました

その理由としては、FVから繋がるヴォーティマーの能力
その展開系の能力なのですが、順当ライドすると1枚の手札が3体のユニットに変化することになります
つまりデューク様のコストとしてちょうどいい枚数になるわけですね

しかし結局はランダム
最悪の場合は(なぜか)必要以上にグレード2以上が並び余ってしまうという事態になりかねないという場合も

そしてLBが起動するまではなるべく張替えなどしたくない場合が多いと思うので非常に邪魔になることが多いですね

□その見返りも想像以上だったという

といった感じに否定的な意見ばかり上げたわけでございましたが、もちろんメリットが大きいからこその代償でございます
そのメリット、それは確実にスタンドするかもしれないというプレッシャーを与えることができるということ

するかもしれないプレッシャーというのは想像以上に厳しく、
尚且つ攻撃回数を増やすかもしれないというイメージを押し付けることができます

そして重要なのが、確実にスタンドする方法があるということ
デューク様のスキルは相手にアタックがヒットしようがしまいが効果が起動できるので、コストとダメージが4枚以上であれば相手に相当なプレッシャーをかけることができるというわけでですね

そしてさらに重要になるのがスタンドしなくてもいいという点

例えばトリガーが乗らない場合などでリアガードが3体しかいなく、尚且つ手札が少ないという状況においてはコストを払ってまでスタンドする価値はないと思います、というかすると死んでしまう可能性まであります(既にダメージは4以上のはずなので)

そのため発動には見極めが必要ですが、トリガーが乗った時や手札に余裕があるときは発動をするなどして追撃を仕掛ければ手札を削れる可能性が高くなります
そのためには5ダメージ与えて確実に手札を削れる環境を事前に整えておくことが重要になってきますね


□相性のいいカード

まずはトリガーから

個人的にはスタンドトリガーを推します
理由として、攻撃回数を増やして相手の手札を削り取るデッキなので、攻撃回数をスタンドで増やして猛攻を仕掛けたいという理由からですね
まあだからと言ってクリティカルを抜くこともないと思います
恐らく醒6:✡2:引4:治4くらいになるかなと

ただヒールは思い切って全部抜いて攻撃的なトリガー配分にしてもいいかも
アタック終了時にヒールしてリミットブレイクが発動できないなんてことがあったりしたので……

まあまだ分からないところが多いですが、思い切った構成にしてみると案外輝けたりするのかもと思ってみたりします


□デッキレシピ

現在まだまだ研究中ですが、一応デッキレシピを書こうと思います

・グレード3
スペクトラル・デュークドラゴン×4
神聖魔道士マナウィダン×2

・グレード2
黒竜の騎士ヴォーティマー×4
聖弓の奏者ヴィヴィアン×2
軍旗の騎士ロディーヌ×2
守護聖獣ネメアライオン×2
神技の騎士ボーマン×1

・グレード1
漆黒の先駆けヴォーティマー×4
光輪の盾マルク×3
断崖の旋風サグラモール×2
ブレッジング・オウル×2
美技の騎士ガレス×3

・グレード0
フォーチュンベル×4
グリーティング・ドラマー×2
エリクサー・ソムリエ×3
フレイム・オブ・ビクトリー×3
武器商人グディオン×4
小さな拳士クロン×2
幼き黒竜ヴォーティマー×1(FV)


恐らく最近自分が考えたデッキの中でかなり偏屈なものになっていると思います
というかグレード3を6枚にしたのは初めてですね

グレード3はサグラモールを採用しようかと思ったのですが、CBをそこまで多用したくなかったのでマナウィダンを採用
ブースト役はヴォーティマーたちの効果でカバーすることができるので大丈夫でしょう

ただそれも最初のヴォーティマーの順当ライドが失敗してしまうと計算が狂ってしまいます
そしてそういう時に限ってグレード3がデューク様にならなかったり

なので今回はカバー役としてクロンを2枚投入
確実にグレード3を手に入れるわけではありませんが、それでも手札に入れることの確率は上がるはず
またガーディアンとしての10000のガードも固いので無駄ではないのではと思います

そしてガルモ軸だとスペースが厳しかったヴィヴィアンを今回採用
このデッキのリアは質より量みたいなところもあったので採用しました
コストがCB1だけでいいので非常に発動しやすいです

後はブレッジングオウルやロディーヌですかね
デュークのパワーをプラスし、スタンドさせて攻撃させる際に、確実に12000のラインを超えるようにするため採用してみました役目が終われば餌になれますしね


というわけで今回はこんな感じになりました

まだ研究が否めないところもありますが、今後も研究してより良いデッキにしていきたいところ

発売(通常販売)まで1ヶ月切りましたし、もっと深く研究したいですね


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4701位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
326位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。