• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェルフェザーについて

極限突破が発売されるまであと2週間弱

そんな中今まで影をひそめ能力の詳細が不明だったエンジェルフェザーのカードが、
公式サイトの今日のカードでの紹介で少しずつ判明していっています

クランの特徴はダメージゾーンへの干渉だということは以前から言われていました

まだ判明している効果は少ないのですが、今回はそんなエンジェルフェザーについて書いていこうと思います □ダメージを操作する能力

今まで干渉することができる場所といえばいろいろな場所がありました

リアガード、手札、ドロップ、デッキ、相手リアガードなどですかね

ダメージゾーンも一応すべてのクランで触れることはできますが、それはヒールトリガーが発動すればの話

ですが、大体の場合は発動機会は少なく、触れることは少なかったと思います

またそれをメリットに生かすことができるクランもグランブルーくらいでした


今回はそのダメージゾーンのカードを操作することがメインになるクラン

今までのクランとはまた一風変わった戦い方ができるのではないかと思います


□現状判明しているダメージ操作


◆その1 スペリオルコール

現在この能力を持つのはキリエルのみですね

実質CB2でダメージからユニットを1体コールすることができる能力を持っています

効果によってダメージ総数が変わることはありませんが、手札やデッキを消費せずユニットを増やせるのはいいですね

例えばトリガーカードをコールすることになったとしても、すでに使用することができなくなっているカードであるので気兼ねなくコールすることができる利点があります

この点については同じような効果を持つコキュートスにおいても同じようなことが言えます

あちらも本来使用することができないドロップゾーンを再利用することができるので、その面において使用できる範囲が広いということはメリットといえますね

ただまだダメージ内のカードを入れ替えるような効果を持つカード(あるかどうかわからないですが)が出ていないのと、ダメージは最大で5枚しかないのもあり、選択肢が非常に狭いということが弱点です

またヒールトリガーなどで間違えてカードをドロップしてしまうと、効果的に効果を起動したりすることができなくなったりするので注意が必要になります


◆その2 ダメージ回復

現状この効果を内包しているユニットはヒールトリガーカード

そしてエンジェルフェザーの動く病院フェザーパレスですね

その病院さんですが、ソウルチャージサイクルであります

チャージ効果は+2000と通常型

問題はメガブラスト

これまでのメガブラストは発動させることができれば非常に大きなアドバンテージが取れるカードが大半でした

今回はその中でもトップに位置するようなカードに分類されます

その効果はダメージを回復する効果

ヴァンガードにアタックがヒットした際にコストを支払うことでリアガードのエンジェルフェザー1体につきダメージを1枚回復することができます

実は回復というキーワードはヴァンガードにおいて初めてであります

ヒールトリガーでダメージを1枚減らす行為も回復でありますが、今までカードテキスト内でダメージを回復するというテキストは存在しませんでしたからね


そしてその回復効果なのですが、その効果の強力さは言わずもがな強力です

1枚回復するのだけでも十分強いのに、それを最大で5枚回復することができるというのですから驚きです

実際ダメージを5与えるためには結構なターンが消費されます

それをリセットされると相手にとってみたら絶望的な状況になってしまいます

そのためこのユニットのメガブラストは、ほかのメガブラストに比べると破格の性能といってもいいのかもしれません

ただしその効果を1ターン内で多く使われるということを防ぐためかヴァンガード時限定効果となっています

まさに必殺技にふさわしい効果となっていますが、効果の発動はかなり厳しそうです

またダークイレギュラーズのようなソウルを溜めやすいクランに入れて使おうとしても、効果の発動した際にエンジェルフェザーのリアガードがいないと回復できないがゆえに、混クランだとその効果を十分に発揮することができずに終わってしまう可能性も否めません

そのためこの効果を使用することをメインで組むとしたらかなり限定されたような構築になりそうです

またアタックヒット対象がヴァンガード限定なため相手にダメージをどんどん与えていたら結局自分の攻撃が通してもらえない状況になり、効果が発動せずに終わってしまいます

そのためプレイスタイルとしては遅延試合のような戦いになりそうですね


□今後のエンジェルフェザー

現状分からないことが多いですがいくつかの予想ができると思います

1つはダメージ内カードの操作

キリエルの効果でスペリオルコールができる以上、何らかの操作方法が存在するのではと思うのです

グランブルーもドロップを増やすことで選択肢を増やしているくらいですからね

もう1つは他のダメージ回復方法

フェザーパレスのような大規模なダメージ回復みたいなものではなく、1ダメージを確実に回復するような効果が出てくるのではと思います

ただ1ダメージ回復するだけでもかなり強い効果なのでコストはかなり重い分類に入ると思いますが


まだ分からない部分が多いエンジェルフェザーでありますが、ダメージというかなり限られた範囲で行動していくので、その実力は未知数です

ですが、だからこそ面白そうなクランではありますね

早く他のカードの能力も知りたいですね


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
222位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。