• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルモール軸再考案

以前にも銀狼ガルモール軸のデッキを考えてみました

ですが、プロキシーの力を借りて散々回してみたのですが、入れるカードはちょっと変わる気がするんですよね

今回は新しく考えたレシピを書こうと思います □以前考えていたのとどう違うのか

ガルモール軸を使う際に気をつけることはCBの確保とリアガードの配置を間違えないこと

特にFV(自分は今までキルフを使っていました)がヴァンガードの後ろにいると
後半でほとんどの確立で張り替えることになると思います

できることならガルモの後ろにはちゃーじがるを置きたいですからね

それとすれいがる系列がガルモ軸では効果を使う機会が多いと感じましたね

実際戦っているとガルモに再ライドする機会と言うのはそこまでなく、むしろガルモをリアに置き、その後ろにまたちゃーじがるを置いて21000のラインを作りたいという時も結構ありますね

ブロンドエイゼルの場合は起動効果なので2ターンに分けて効果を使うことができますが、ガルモールはライド時限定能力なのでCBが余ってしまう時があります

そこでCBを使う要因としてすれいがる系が役に立つと思うんですよね

G1、G2のすれいがるはガルモの効果でも呼ぶことができるというのも追い風ですね


あとちゃーじがるを使っていて思ったこと

現状ソウルを溜める手段がフレイムオブビクトリー(✡トリガー)の効果でソウルを溜めるか、キルフの効果でスペリオルライドを成功させる、またクロン(FV候補)の効果でソウルに移動させる以外にソウルを溜める手段があまりありません

そのため何も考えずに乱発していると終盤でガード値を削りたい時に
21000で止まってしまいます(それでも強力なのですが)

なので中盤などには効果を使わずにソウルを温存し、終盤で効果を使った方がいいかなと思います

またヴァンガードとリアでガルモ+ちゃーじのセットが揃うと余計にソウルが減ります

その場合にはリアのセットのほうにソウルを回し、2つの21000ラインを構築したほうがいいと思われます


□デッキレシピ案

というわけでレシピを以前のものと変えたものがこれです

G3
大いなる銀狼ガルモール×4
戦場の嵐サグラモール×2
灼熱の獅子ブロンドエイゼル×1

G2
神技の騎士ボーマン×4
すれいがる・ソード×4
守護聖獣ネメアライオン×2
軍旗の騎士ロディーヌ×1

G1
美技の騎士ガレス×4
すれいがる・ダガー×4
光輪の盾マルク×4
ちゃーじがる×3

G0
フレイム・オブ・ビクトリー×4
武器商人グディオン×4
サイレント・パニッシャー×2
フォーチュン・ベル×2
エリクサー・ソムリエ×4
小さな拳士クロン(FV)


FVをクロンに変更

これで確実にガルモールにライドする確率を高めることができ、ソウルが溜まり、2体目のガルモールを呼ぶこともできます

またヴァンガードファイトパックvol.5に収録されているロディーヌを今回1枚採用しています

試しにやってみたという感じもありますが、ガルモールの効果で呼べたりするので無駄ではないかと

あと少しパワーが足りない時にいいですね

インターセプトで離れることもできるのでいいですね

ブロンド軸にも結構入るかもしれませんね

すれいがるはG1、G2を4枚ずつ

G3はサグラモールのほうが使いやすいと思い投入を断念

G2、G1は他に高パワー(7000、9000 特にG2は9000が他にいないのもあり)がいないのでこちらはフル採用ですね

一応高パワーを出せるユニットとしてチャリオットナイトなる存在がいますが、11000になるにも関わらずスタンドと相性が悪く、また手札が少ない状況を狙おうとするとヒールが無駄になることもあるので投入は断念しました


ちゃーじがるは多すぎてもソウルが枯渇し、普通のユニットをブーストした時にパワーが頼りなく、なおかつガルモールの効果で呼んでくることができるので3枚にしました


今回ブロンドエイゼルを1枚だけ入れていますが、理由としてはサグラモールにライドしたくないというのがあります

最悪ブロンドにライドしても展開力に関してはあちらの方が上なので手札を減らさずに
展開しつつ高パワーで殴ることができます

リアガードではバニラになってしまいますがそこは割愛

サグラモールにライドしてしまうとそのあとの攻撃が頼りないものになってしまう可能性もありますからね

そのため5枚目のガルモールのような立ち位置になっていますね

ちゃーじがるとのコンボができないのは残念ですが仕方ありませんね


□まとめ

とまあこんな感じですかね

前回から思っていましたが今回のガルモールは強い強い!

正直トライアルデッキ(数はそれなりにいりますが)と完全防御の札だけでかなり完成度の高いデッキが組めると思います

それぐらいガルモールは強さが安定していますね

ちゃーじがる以外にも普通にボーマン呼んでアタッカーにしたり、ライオンを呼んでガードを固めたり

また他のラインにガレスを呼んでラインを強化したりと万能ですね、効果が

また今後ブラスターブレードのようなG2以下で強力なユニットがでると相対的にこのユニットは強化されますからね

今後のゴルパラにも期待がかかりますね(まだ発売されてないですが……)


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4642位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
316位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。