• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近作ったかげろうのデッキレシピ

正直高額カードが大量に必要なイメージが強いかげろう

自分もそう思っていた1人でした

そのため前から興味はあったものの、カードの金額が高いのもあり製作を断念していました


ですがジ・エンド辺りのカードの台頭で(自分の住んでる周辺の店では)安くなり始めたかげろうがいました

それはアンバー軸系統

4弾で登場した進化サイクルの1つですね


完全防御以外にかかる値段はかなり安かったので製作にチャレンジ

ガチの戦いでは若干頼りないですがフリーで対戦する分には面白い感じに仕上がりました


今回はそのデッキレシピを書いてみたいと思います □デッキレシピ

G3
アンバー・ドラゴン“蝕”×3
ドラゴニック・オーバーロード×3
デュアルアクス・アークドラゴン×1

G2
アンバー・ドラゴン“黄昏”×3
ドラゴンナイト・ネハーレン×4
ベリコウスティドラゴン×1
ドラゴンナイト ベルガー×2

G1
アンバー・ドラゴン“白日”×4
魔竜道師 キンナラ×1
ドラゴンモンク ゴジョー×3
鎧の化身 バー×4
ワイバーンガード バリィ×2

G0
リザードランナー ナフド×2
リザードソルジャー ガンルー×3
ドラゴンダンサー モニカ×2
レッドジェム・カーバンクル×1
ガトリングクロー・ドラゴン×2
槍の化身 ター×1
ブルーレイ・ドラゴンキッド×1
ドラゴンモンク ゲンジョウ×4
リザードソルジャー コンロー×2
アンバー・ドラゴン“暁”×1(FV)


□各カード解説

G3
■アンバー・ドラゴン“蝕”

このデッキの主役ですね

できるなら11000になってもらいたいところ

こいつの効果よりもこいつの名前がキーになっていたりします

■ドラゴニック・オーバーロード

言わずと知れた強力かげろうユニット

ジ・エンドのおかげでさらに価値が上昇しましたね

このデッキだと終盤のCBでトドメの要因として活躍してくれます

またスタンドのほうが多いので、効果発動時にスタンドしてくれると予想以上にガードがけ削ることができます

■デュアルアクス・アークドラゴン

正直別のユニットでも良かったりするユニット

オーバーロードにしてもいいし、“蝕”にしてもいいしっていう感じ


G2
■アンバー・ドラゴン“黄昏”

“蝕”を11000にするために必要なカード

正直4枚入れてもいいと思っていたりします

■ドラゴンナイト・ネハーレン

G2バニラユニット

スタンド多めの構成なので安定したパワーは安心します

■ベリコウスティ・ドラゴン

CB回復要因……ではなく実際のプレイングではガード強要の囮ユニット

相手の攻撃を逸らしてくれるのがいいところ

■ドラゴンナイト ベルガー

ガード要因兼囮ユニット

ただ5000ガードでガードできる時にはガードしてあげたい


G1
■アンバー・ドラゴン“白日”

影の主役

1ターン目に手札にあるかどうかで戦いの全てが決まるようなユニット

ただG2サーチ効果だけが役目ではなく、本命は後者の効果

圧縮がこのデッキの本命効果だったりもする

■ドラゴンモンク ゴジョー

手札交換を司る大切なユニット

できれば序盤に引いて盤面を整えるべく効果を発動したい

G0
■リザードソルジャー コンロー

2枚入っているFVでないコンロー

このデッキ内での役割は、

・G1のサーチ
・2枚目のコンローをサーチして圧縮作用
・“白日”をサーチして、そこから“蝕”をサーチする

などがある

そのため魔法カードみたいな感覚で使ったりしています

勿論ブースト要因として働いたりもします

いざという時には10000ガードになる万能選手

スタートがアンバーのためG2の枚数を減らせるからこそ入れることができたようにも思えますね


□とにかく圧縮じゃい!

といわけで、デッキのメインコンセプトはデッキの圧縮です

とりわけアンバー軸では圧縮の効果を持つ“白日”

そしてG1アンバーでスタートできればG2アンバーもペアになってやってくるので事故率が比較的減少しています

そこで圧縮兼ガード要因の優秀なFV候補のコンローを2枚ほど入れてみました

圧縮をすることによる利点は、

・不必要な2枚目以降のアンバーの有効利用
・デッキの中のトリガー比率を比較的高めることができる
・不必要なカードを引く可能性を減らすことができる

だと自分は思います


このデッキの場合は通常のかげろうに比べて圧縮効果を持つユニットが多種採用されているので圧縮がしやすいですね


□このデッキの弱点

パワーが圧倒的に足りないことですかね

ほとんどのかげろうデッキにも言えることですが、
ヴァンガード、リアガード共にまともに21000ラインを形成できるようなユニットがいませんからね

そのため相手が13000ヴァンガードだとかなり痛いですね

あと11000になれなかった時のリスクが高いです

まあオーバーロードの存在もあってか11000にならない時は結構少ないですが


□練習相手には向いているかもしれません

自分の思った感想ですが、新しいデッキを作ったからちょっと試してみたい、みたいな時に普通のラインを相手にするのであればこのデッキはそういったときにいいかもしれません

11000の防御力、進化サイクル特有の事故率の少なさ、絶対的に防ぎたい必殺技

と言った具合で相手にする分として申し分ない形になっていると思います

そして比較的安価なのも組む際に財布に優しいのでいいですね


とは言えかなり練りこめばガチ相手でもそれなりに戦うことができます

リアガードを潰すことを効果的に行えば勝機は見えてくるはずです


戦っていて面白いデッキなので1つ作ってみてはいかがでしょうか?


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4642位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
316位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。