• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化サイクルについて

進化サイクルとは4弾環境にて登場したブラスター・ダーク達のようなユニット達です

このサイクルのユニットは特定のユニットがソウルにあるとパワーが上がり、
なおかつその状況が起こりやすいような効果を持っています

今回はこのサイクルについて書いていこうと思います □進化するユニット達

基本的にこのサイクルのユニットは以下の共通効果を持っています

・G0
:「(特定のG1ユニット)」がこのユニットにライドした時、あなたの
山札から「(特定のG2ユニット)」を1枚まで探し、相手に見せ、手札に
加え、その山札をシャッフルする。

・G1
【V】:あなたのソウルに「(特定のFVユニット)」があるなら、この
ユニットのパワー+2000。
:[あなたの手札からグレード3の《(そのユニットのクラン)》を1枚選び、捨てる]この
ユニットがRに登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札
から「(特定のG3ユニット)」を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、
その山札をシャッフルする。

・G2
【V】:あなたのソウルに「(特定のG1ユニット)」があるなら、この
ユニットのパワー+1000。
その他自動能力を1つ所持

・G3
【V】:あなたのソウルに「(特定のG2ユニット)」があるなら、この
ユニットのパワー+1000。
その他能力を所持


といった具合になっています

まずこのサイクルを扱う上で重要なのは特定のG1ユニットが手札に来ればG2ユニットが手札に来る

つまり事故率を幾分か軽減することが可能になっています

そのため初期手札のマリガンの際に特定のG1ユニットが来るように思い切ったマリガンをすることが良いと思われます


現状これらのタイプのユニットを保有するクランは、

・シャドウパラディン
・かげろう
・ノヴァグラップラー
・メガコロニー
・ディメンションポリス

の5種類となっています

シャドウとディメポはこれしか選択が無いためこのユニットを採用しますが、他のクランは違います

ノヴァグラップラーはバトルライザーがFVデザインカードとして存在しています

ただブーストに使うと場から消えてしまうためあまり好まれていないようです

またアシュラカイザー型だとG3ユニットの比率が増えてしまうため、
G2ユニットを減らすことができるこのタイプのFVが採用されることもしばしば

メガコロニーはこのタイプとマシニングのFVが存在します

マシニングはアドバンテージと言うアドを稼ぐことができません

しかしマシニングが最初からソウルにある状態で戦えるので、
マシニングをデッキの中に採用することができると言うメリットがあります

かげろうには優秀なFVカード、コンローが存在します

あちらは確実なアドを稼げます

こちらは事故率を軽減できる可能性があります

どちらを採用するかはデッキ次第なのですが、自分はアンバー系統のユニットを使う人と戦ったことがありません

G3ユニットの比率が比較的高くなりがちなジ・エンド軸においても約束の火エルモを採用するため等の理由からアンバーが採用されるということはまれになっています

残念なことにサイクルの中で非常に不遇な立ち位置だと言えます


□弱点

これらのサイクルの共通の弱点

それは特定のユニットをソウルに入れれなかった

つまりライドできなかった場合です

そういった状況になるとどうなるか

・想定防御力が減少し、ガーディアンの枚数を増やさなければならない
・ファーストライド時にアドが稼げない
・G3ユニットに至ってはろくに効果を発揮できないものが存在する(イニグマンストーム)

と言った感じになります

これらを最初から割り切って、できないかもしれないと思いながらファイトする

そういった構築をすることで弱点の軽減とまでは行きませんが、カバーすることは可能だと思います

ただアドが稼げないというのは事実なので厳しい戦いになることが避けられませんね

またイニグマンストームに関してはこれが致命的になることもあります

それは効果の起動条件

パワーを15000以上にすれば効果は起動します

ただ永続効果が発動していないと5000の数値を上げなければいけません

コスモビークなどのパワー増加系ユニットの効果を余計に払わなければいけないためコストが余計にかかってしまい、
莫大なアド損となってしまいます

手札に来なければ仕方がないこともありますが、なるべくそういった状況が無いようにデッキを組みたいですね


□では何枚入れる?

ではこういった事故が起こらないようにするためには何枚デッキに入れればいいのか

まずG1ユニットは4枚が安定すると思います

リアでは6000ですが、一応デッキ圧縮能力を持っているので無駄は無いかなと

問題はG2、G3ユニット

この場合G3を活躍させるか否かで枚数が決まります

例えばイニグマンストームを活躍させたいのならばソウルに確実にウェーブを入れておきたい

自分はそのため4枚積むことも十分に検討します

またG3のユニットも確実に引きたいので4枚ってもいいかなと思います


これをG3を活躍させない場合

例としてシャドウの場合はこれが現状あてはまりやすいですね

現在のシャドウ環境では、最終的にPBOにライドすることが目的なので、
ブラスターダークがソウルに入ってても入ってなくても一緒

なので枚数は少なめの2でも十分に機能しますね


そのため枚数は活躍させたいG3ユニットにより変化します

順当に進化させたいなら多めに

別に進化しなくてもいいという人は少なめにといった感じに


ちなみに自分は進化させたい時には4枚

進化しなくてもいいタイプには2枚ですかね


□今後進化サイクルは登場するか?

現状でも5種類のサイクルがあります

これ以上出るかと言われると微妙なところ

正直ワンパターンすぎるといった意見もありますからね

決まった戦い方しかできないというのは面白みに欠けるところもありますからね


ツクヨミ系進化サイクルに関しては今後出ないような噂があります

こちらは聞いたことが無いのでもしかしたら出るかも

まあ似たようなリヴィエール進化サイクルがでましたからね


出てくれると嬉しいクランと言うとたちかぜですかね

G1やG2を圧迫してしまいますが、シールドン達が入れやすくなりますし、
何より事故率を緩和できる方法は1つでも選択肢にあった方がいいですからね


ただ出ないような気もします


出るとしたら噂のG4関係の進化サイクルかもしれませんね

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3940位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
287位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。