• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼熱の獅子 ブロンドエイゼルについて

灼熱の獅子 ブロンドエイゼル
グレード3 ノーマルユニット ゴールドパラディン
パワー10000 シールド無し ヒューマン
【V】【LB(4)】:[CB(2)]あなたの山札の上から1枚見て、《ゴールドパラディン》を
1枚まで探し、ユニットのいないRにコールし、残りのカードを山札の下に置き、
そのターン中、このユニットのパワーを増やす。増やす数値は、
この効果でコールされたユニットの元々のパワーである。
【V】:あなたのターン中、あなたの《ゴールドパラディン》のリアガード1
枚につき、このユニットのパワー+1000。


極限突破にて登場するゴールドパラディンのグレード3のユニット

今回はこのユニットについて考察していきたいと思います □ゴールドパラディンの象徴

このユニットは非常に強力な効果を持っています

1つ目はかのギガンテックチャージャーを思わせるような効果

あちらは場に出た時に強制的にリアガードを増やす効果でした

そのためギャンブル性が非常に高く、トリガーユニットが出てもコールしなければならず、
またサークルが埋まっている時でも効果を発動しなければいけなかったためいかんせん使いずらさも目立ちました

ただその能力自体は強力なもので、単純にリアガードが1体増えると思えば能力としては優秀でした


このユニットの場合はどうなるのか

まず発動条件に縛りがかかっています

・リミットブレイク発動状態(ダメージが4以上であること)であること
・CBを2消費すること

といったコストが必要となっています

その代わりに起動効果になっているので、自分の好きなタイミングで発動させることができます

また起動効果なので、1ターンの間に2体増やすことも可能です

そのため手札に優秀なアタッカーがいない、ブースターがいない時に使えばそのユニットを確保することができます


ただこれだけだとLB4+CB2という条件にしては少し寂しいです

しかしこの能力はこれだけではありません

この能力はユニットをコールするだけでなく、コールしたユニットのパワーをブロンドに与えることができます

つまりリアガードの強化だけでなく自身の強化も可能なのです

ギャンブル性が強いものの、ユニットのパワーは最低でも基本的に4000

4000パワーが上がるだけで勝利の決め手となることもよくあります

またこれが10000ユニットの場合ブロンドのパワーが単独で20000になる+リアが1体増えるという状態になります


そのため中盤の盤面強化に使うもよし

また最後の〆として使うもよしと言った万能な能力となっており非常に強力な効果です


しかもそれに加えて2番目の効果がさらにブロンドを補助します

自分のターン限定で、自分のリアのゴルパラ1体につき+1000の能力を持っています

これはかの騎士王アルフレッドを思わせるような能力ですね

あちらはブーストをすることができない代わりに1体につき2000と高いバンプアップ能力を持っています

こちらは1体につき1000と上昇値が低い代わりにブーストをしてパワーを上げることができます

そのためアルフレッドの限界である20000を簡単に越えることも可能です

そして1番目の効果も相まってシナジーが噛んでおり、とても使いやすい能力になっています


□実は……

このユニット

実はスペリオルライド先のユニットであったりします

今までデッキ内からグレード3へのスペリオルライドと言えばかげろうのユニットしか持っていませんでした

その効果が今回ゴルパラに実装されました


この手のタイプのスペリオルライドの弱点としては、

・トリガーユニットをコストに必要とする(例・槍の化身ター)
・単体で役に立たないユニットをデッキ内に入れる必要がでてくる(例・ドラゴンナイト・アリフ)
・そもそも安定性が非常に低い
・ライド先のユニットの能力発動条件がソウルに関係するため、スペリオルライド以外でライドした場合、
 能力が機能しなくなり、本来の実力が発揮できないことがある

……など様々な弱点があります


ですが今回はそのデメリットの内の幾つかは軽減されていると言ってもいいでしょう

■素材

紅の子獅子キルフ(FV)+美技の騎士ガレス(G1バニラ)+神技の騎士ボーマン(G2バニラ)


と言った感じで非常に無駄がありません

FVのキルフは5000の移動式として最低限のブースト要因になります

ガレスはG1バニラ

バニラの汎用性は言わずもがなですね

ボーマンもG2バニラ

こちらも説明不要ですね


このため単体で役に立たない場面はそうないでしょう


■条件

これが厳しいものです

まずボーマンにライドしている時にキルフ(FV)とガレスを場に出していること
                     ↓
キルフ+ガレスをソウルに入れてデッキからブロンドにスペリオルライド

と言った感じですね

キルフは最初からいるからいいとして、ガレスとボーマンは手札に来ないとどうしようもありません

かげろうのコンローと違いサーチ手段を持っていないので完全に運頼みとなっています

またガレスはG1ユニット

初手で手札に来ても他のG1ユニットがいなければこのユニットにライドせざるを得ず、その場合でも失敗してしまいます

そのため条件は厳しいですね


■スペリオルライド先の性能

成功、失敗

どちらを選んでもライド先の性能が変わらないのが安心ですね

また成功した場合にはリアガードサークルが空いてブロンドのパワーが下がりますが、
効果で増えますし、そもそも効果のためには空きのサークルが必要なのでむしろ好都合かも


□結論

単純に強い

その一言に尽きます

またスペリオルライドも「できる」というのがまたなんとも


今後のゴールドパラディンの主役として是非活躍してほしいものですね

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4036位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
263位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。