• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マシニングシリーズについて

コミックスタイルvol.1で登場したメガコロニーのユニット

グレードはそれぞれ0,1,2,3とそろっています

リヴィエールなどの新化系ユニットではありませんが、ソウルにマシニングがあることを条件としています

最近自分が作ったメガコロニーデッキもそれらを軸にして作りました

今回はこれらのユニットについて考察していきたいと思います □マシニングの特徴

マシニング達は全て場に出た時に効果を発動します

グレード1、2は出したターンのみパワーを+3000する効果

グレード3はライド時限定で、ソウルのマシニングを場に2体までコールします(レスト状態で)

そしてその時に出したマシニングの素のパワー分パワーが上がります(出したターンのみ)

グレード0は場に出た時にマシニングをスタンドします

普通に使っても意味がありませんが、グレード3と組み合わせると、
場に出したマシニングをスタンドさせてアタックすることができます

□虫は一瞬だけ輝くもの

上記の性質上場に出した瞬間だけマシニングは効果を発揮します

そのため次々とユニットを入れ替えてコールしていくのが基本的な戦い方になると思います

つまりインターセプトができるグレード2は特に生かしやすい能力となっています

またCBを使わないシリーズなので、レディボムやウォーターギャング、
戦闘員BなどのCBを使うユニットを併用して使うことができます

そういったユニットを使っていき相手を縛り、パワーを上げて戦うのがマシニングの戦闘スタイルと言えます

□育てゲー

某動画にてパーフェクトライザーのデッキのことを育てゲーと言っているのを見たことがあります

マシニングはそれに近しい性質を持っているのではないでしょうか

グレード3のマシニングはライド時にソウルのマシニングを吐き出します

その時にコールしたいのはグレード2とグレード0のマシニング

これで即座にアタックできるグレード2が1体用意できます

ただ普通にプレイしていてはソウル内のマシニングは多くて3枚しか溜まりません

またソウルのマシニングを全て失ってしまうとマシニングは効果が使えなくなってしまいます

そこで登場するのがデスワーントアントリオン

ソウルチャージサイクルの1体でありますが、この能力を使いソウルにマシニングが溜まるのを待ちながら戦います

そしていい感じに溜まったら再ライドしグレード3マシニングの効果で射出します

ソウルのマシニングの枚数を参照する能力ではないですが、ある種ソウルの質を求めているので、
印象としてはペイルムーンに近いかもしれませんね

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4047位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
280位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。