• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルファイアエルクについて

元々たちかぜは退却のディスアドを手札に帰還させたりパワーを上げたりといった手段を用いて
アドバンテージに変換させながら戦うクランです。

そのため個々のカードパワーよりも組み合わせによってそのパワーを引き上げていくデザインのカードが多いです。

今回紹介するのはまさにその通りで、単体では活躍出来ないものの組み合わせ次第で自身の戦力を倍増できる。
そんなユニットについて書いていこうと思います。

□基本情報

フルファイアエルク
グレード1
パワー6000
:このユニットがRから退却した時、あなたの暴喰能力を持つユニットを1枚選び
そのユニットが暴喰状態でないなら、そのターン中、暴喰状態にしてよい。

前述した通り単体ではホントになんの役にも立ちません。
グレード1の中でもパワーは下級の6k。暴喰も持ちませんし、何かのアドバンテージを得るわけでもありません。

ですが、暴喰状態にする。この1点に置いてのみ他のどのユニットにも負けない採用する価値のあるユニットになります。
現状暴喰状態になれる条件は暴喰で退却行為を行った時のみで、つまりアタック時限定という訳です。
エルクはこのアタック時限定の制約を無視してあらゆるタイミングで暴喰状態にすることが出来るわけですね。

□主な使い方

○その1 他のユニットのアタック時

主に使う用途はこれになるでしょう。簡単に言えば1体で2体分の暴喰を満たすための擬似的な餌になります。
シャドパラの一部ユニットみたいに実際に2体分になるわけではないのでグラトニーの数の要件にはなれませんが、複数ユニットの暴喰を積極的に満たしたい。そういった時に欲しいユニットになります。

○その2 メインフェイズ時

フェイズ無視の恩恵その1です。最近ではGG等でこちらのターンにも関わらず盤面干渉を行うカードがあるため暴喰=アタック中にコンボを行うカードはそのコンボが妨害されてしまう危険性が常にまとわりつきます。

特にガイアダイナストのように列指定焼きだと相手の焼きたい列と同列に置いた自軍リアガードを全て除去されていまうとその効果が使えません。アタック順をVからにすることも出来ますが、その分アタック回数が減ってしまうディスアドもあります。

そんな時にもフルファイアエルク。このユニットの退却要件はRから、としか書かれていないため上書きによっても問題なく発動します。通常上書きは単なるディスアド。ですが、元々暴喰には1体いるため枚数的には変わらない点。加えて例として、エンペラーのスキルを使用していればエルクをその場で蘇生させ焼き対象とすることも可能だったりと、恩恵によっては寧ろ積極的に使ってもいいでしょう。

○その3 相手ターン中

実はこのユニットターン制約が無く相手ターン中でも暴喰にすることが可能です。
基本的に相手ターン中でメリットのあるユニットは少ないですが、ここで強みを活かせるのが我らがガイア。エンペラーもデスパラードもお互いにGB2スキルで暴喰状態なら+5kのスキルを持っています。普段は死にスキルではありますが、その状況においてのみ優秀な防御スキルとして輝きます。

肝心の退却手段ですが、現状だとブロッケイドガンガーによる自己退却か、相手によって退却してもらうかのどちらかです。
相手による退却はともかく、ブロッケイド効果でガイアのGB2を起動した場合、25k+16k=41kと単騎Gユニ26kに対して3枚貫通要求になるため数値はかなり信頼できるものになります。
インターセプトも用意できるならその上位のガードも可能なため覚えておきたいですね。

○番外編 グラトニー達の残り香

ダイナストやグラトニーは自身のアタック時に大量に喰います。ええ、大量に。
その代償として単純なカード枚数だけでなく得ていた暴喰状態も一緒に消えてしまいます。

ダイナストはともかくグラトニーはガイアで蘇生効果を使用してもまともに残るのは2、3体です。そうなると残されたリアガード達は暴喰状態を起動することが困難になります。

そこでまたまたいい感じにフォローしてくるのがこのファイアエルク。
暴喰で退却させた際に全ての効果がストック状態になります。そのためまずガイア効果解決で蘇生を行い、エルク効果で暴喰状態にすれば簡単にノーコス暴喰が可能になります。

ここで相性がいいのがCB、SBのコストは重いものの単独16kになるアパト。
暴喰状態ならG0制限、グラトニーとの組み合わせで複雑なガード要求の出来るサルコ。
単純に暴喰状態のユニットが欲しいギガントフレイム等々です。

□まとめ

単純な能力ながら奥の深いフルファイアエルク。
今後登場する暴喰ユニット共組み合わせたりしてより世界が広がります。

現状のユニットだけでも既に色々な組み合わせがあるため試行錯誤を重ねてより使いこなせるようになりたいですね。


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3784位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
268位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。