• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣牙激突発売!たちかぜデッキ案 -レックス編-

遂にたちかぜ使いにとって待ち望んだ待望の強化パックである剣牙激突が発売となりました。
友人達の協力もあり、なんとかそれぞれ必要枚数集めることが出来たのでひとまず所持していたデッキを簡単に改修してみました。

まずは今回超越共鳴を貰い、新しいG2のカードを貰うことによって戦略の幅が広がったガイアエンペラーを軸としたガイア軸。
更に色々と追加を貰い新生を果たしたレックス軸。
そして他の2つと比べるといささか地味ではあるものの追加が来た古代竜。

この3つを色々といじってみました。

その中でも特にレックス軸。これに関して言えば動きが以前とは別物……というか完全に新デッキとなっているため、これまでたちかぜを使っていた人でも新感覚なデッキとして楽しむことが出来るかと思います。

今回はそんなレックス軸について書いていこうと思います。

□レックス軸の特徴は?

とりあえずレックスについての簡単な説明として、バインドゾーンを利用した連続攻撃を得意とするたちかぜの中でも中々特殊な立ち位置にあるデッキタイプです。

とは言え既存のカードプールだとレックスを名称指定するカードが非常に少なく、また肝心のレックス自体が少なかったためデッキとして成り立たせることが非常に難しく、仮に組んだとしても他のデッキの下位互換的な動きというのが関の山でした。(他の軸でも運用することは不可能では無いためドローエンジンとして使っている人もいるそうです)

そんなレックスには今回G4~G0と全てのグレードに新規が追加され、尚且つバインドゾーンを充実させる方法も増えてきたため、デッキとして回すことが非常にやりやすくなりました。

上手く決まればガイア軸以上に連続攻撃をポンポン繰り出すことも可能なレベルです。

□デッキレシピ(暫定仮組みのもの)

G4
現状固定枠
破壊暴君ヘルレックス・マキシマ×2
破壊暴君フルブレードレックス×1
大帝竜ガイアダイナスト×4

この3種以外に関しては考え中。

G3
剣角竜スケイズレックス×4
破壊竜スコールレックス×4

G2
突撃竜アサルトレックス×4
鋼弾竜バラッジレックス×4
餓竜メガレックス×3

G1
凶弾竜ラプトレックス×4
サベイジ・ガーディアン×3
プエイズムバード×3
サベイジ・ミスティック×3
サベイジ・ランサー×1

G0
☆8
引4
治4
破裂竜ミニレックス(FV)

とりあえず仮組み&仮回しした感じで内容は決めてみました。

まずキーカードはFVであり、アタック回数とバインドゾーンの獲得を両立するミニレックスです。

破裂竜ミニレックス
グレード0
パワー5000
:先駆
:[CB2] あなたの「レックス」を含むカードの、効果かコストで、このユニットがRから退却した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのRを1つ選び、山札から「レックス」を含むグレード1以上のカードを2枚まで探し、選んだRと同じ縦列の別々のRにコールし、山札をシャッフルし、そのターンの終了時、それらのユニットを表でバインドする。

中々長いテキストで微妙に複雑に見えますが、簡単に説明すると
・レックスの餌になると効果発動
・デッキからG1以上のレックスを同じ縦列に2体コール
・エンド時呼び出した2体はバインドされる
ということです。

このカードのお陰でレックス軸の餌確保と攻撃回数の補助とバインド補助が全て満たせるというかなり強力なカードで、逆にこのカードを処理されてしまうと一気に劣勢になってしまうでしょう。幸いな事にGBも無く、レックスはGB前に餌としてこのユニットを食べることができるためCBさえあれば効果を使うことが出来ます。先攻G3ライド時or後攻初回超越時にささっと効果を使ってしまいましょう。

このカードで呼ぶ候補としましては、
・バインドゾーンで効果を発動するユニット(エンド時バインドされるため)
・単純に10k要求できる組み合わせ
ですね。

バインドゾーンで効果を発揮するといえばまずスコールレックス、ダークレックス(但し今回は不採用)が候補に挙がりますが、ここで新規カードの凶弾竜ラプトレックスが第一候補に挙がります。


凶弾竜ラプトレックス
グレード1
パワー7000
バインドゾーン:[あなたのリアガードを1枚選び、退却させる] あなたの「レックス」を含むユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、このカードをRにコールし、そのターン中、パワー+2000。
:このユニットがRに登場した時、あなたの「レックス」を含むグレード2以上のヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

スコールと同じようなバインドから自身をスペコする手段を持ったユニットですが、このユニットはスコールみたいに自身を自身の効果でバインドすることが出来ません。そのためミニレックスのような補助が必須となるわけです。

このユニットはスコールとは違いレックスユニットのVへのアタック時とタイミングが少し早く、純粋なレックスデッキならばバインドからコールすることで11kと単騎での攻撃を容易にするパワーラインとなるユニットです。ミニレックスのテキストには同名コールは禁止とは書かれていないためこのカードを2枚バインドし、次のターンにバインドから次々強襲を行うというコンボがとても強力です。

また手札に来てしまっても、登場ターン限定ですが、9kとなるためアタッカーとしての役割も充分全うすることが出来ます。

そしてこの連続アタックデッキをもう1つ補助するキーカードがこの人です。

サベイジ・ミスティック
グレード1
パワー7000
【R】【ターン1回】GB1:あなたのカードの、効果かコストで、他のあなたのリアガードが退却した時、そのカードを表でバインドしてよい。(各ターンで1回目のみ発動できる)
【R】GB1:[このユニットをソウルに置く] あなたのヴァンガードがアタックされたバトルのガードステップ開始時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのバインドゾーンから1枚選び、Gにコールする。

このユニットが場にある限り餌になったユニットをバインドに釣り上げる能力を使うことが出来ます。これを利用することで更に安定、また連続攻撃に繋げることが出来ます。
スコールレックスを例に説明すると、バインドゾーンにスコールAが1枚、アタックするスコールBが1枚とします。ここでスコールBがアタックし終了時にスコールAの効果でスコールBを退却し、スコールAが場に出ます。ここでミスティックがいると餌になってスコールBがなんとバインドゾーンに。そのためスコールAのアタック終了時にスコールBをコール……といった感じで少ない枚数でより連続攻撃を可能にするわけですね。

とは言えバインド効果はターン1回まで。何をバインドさせるかはかなり重要なのできちんと狙いを持って使っていきましょう。またターン1回で、同時に餌として処理するときがあまり無いため複数体配置することはあまり意味が無いユニットなので無理して複数体並べないようにしましょう。ですが、このユニット、相手ターン中でも使用できるため、新規GGのブロッケイドと組み合わせて相手ターン中にもバインドゾーンを稼ぐことが出来ます。これに関しては使用機会が多いと思うので気をつけておきましょう。

またもう1つの効果は自身の犠牲の元バインドゾーンからガードが出来るというもの。とは言えレックスの場合だと緊急手段として考えておいたほうが良いでしょう。手札と場、それらと相談して使用するかは考えていきましょう。

□まとめ

今回はとりあえずの構築で使用回数もそこまで多くないため回し方は別記事で書こうかと思います。
ここに書いた以外にも強力なレックスカードがあるため連続攻撃を上手く使いこなし、相手のダメトリが出ないことを祈り(とても大事です)殴り勝っていきましょう。


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
319位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。