• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対王者 グラトニードグマについて

The RECKLESS RAMPAGE
情報が日々公開されていますが皆さん如何お過ごしでしょうか。私は日々楽しみにしながら情報を待っています。
そんな中たちかぜのRRRであり、Gペルソナユニットが公開されましたね。

その名も絶対王者 グラトニードグマ。
今回はこのユニット他について書いていこうかと思います。


□カード効果

G4
パワー15000
【超越】
【(V)/(R)】:暴喰
【(V)】GB(2):[Gゾーンから裏の「絶対王者 グラトニードグマ」を1枚選び、表にする] このユニットが暴喰状態になった時、このユニットの暴喰能力の効果で、このターンに退却させたユニットが3枚以上なら、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのパワー+10000し、【(V)】【ターン1回】:このユニットがアタックしたバトルの終了時、このユニットの暴喰能力の効果で、このターンに退却させたユニットが5枚以上なら、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、このユニットのドライブ-1。』を得る。

□たちかぜ初の純粋なVスタンドユニット!!

というわけでたちかぜのRRRのGペルソナユニットはVスタンドになりました!
そのスキルは新キーワード能力である暴喰。そしてバトル中に暴喰効果で退却させたかずに応じて追加される形になります。

まず3体退却させることで10000のパワーを追加します。更に2体、つまり合計5体のリアガードを退却させることでアタック終了時にドライブチェックの枚数を1枚減らすことでスタンドします。

非常に分かりやすく強力な効果になっていますね。

□このユニットの強さ、弱さ

まず強さ。Gユニットなので元々高いパワーに加えて更に火力の底上げ。そしてドライブチェックの合計枚数が5枚。加えて自身にトリガーを乗せても無駄にならないので相手にかけられる圧力は目に見える以上にあるでしょう。
後述するガイアエンペラーや古代竜の餌達を用いることでリアガードを場に残せるためそちらにトリガーを振り追撃を行うことも十分可能です。

一方弱い点。リアガードを使うクランの宿命であり、解りきっている点ではありますが、LJの“呪縛”の前には成すすべがありません。素直に他のGユニットを使う等して対策を取りましょう。特に最近強化された「カオス」は展開しないという戦略が全く役に立ちません。そのため「カオス」使いが非常に多い場合にはクレイエレメンタルであるポックルを採用するのも1つの手です。

もう一つの明確な弱点は餌がいなければ非常に大きなディスアドとなってしまう点ですね。
ガイアエンペラーがあると無いのとではかなり変わってくるかと思われます。

□帝竜 ガイアエンペラーについて

さて先程から書いているガイアさんについての説明です。
いわゆるクロノジェットサイクルですね。そのたちかぜ版と考えてもらえればと。
その能力は。

帝竜 ガイアエンペラー
G3
11000
【(V)/(R)】:暴喰(アタック時、他のあなたのリアガードを1枚以上退却させてよい。退却させたら、そのターン中、暴喰状態になる)
【(V)】GB(2):このユニットが暴喰状態なら、このユニットのパワー+5000/クリティカル+1。
【(V)】:[CB(1)] あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、手札から2枚まで選び、別々の(R)にコールし、あなたのリアガードを2枚まで選び、そのターン中、:あなたのターン中、このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、このカードを(R)にコールする。』を与える。

端的に言うと超越された時に2体の餌を作り出す能力ですね。同じサイクルのアルトマイルと同じく事前にコールしてなくてもその場で手札からのコールが出来るため餌化を与える対象が少ない=勿体無いことにはならなさそうですね。

このカードにドグマが超越に成功すればバトル中に生き返る餌を2体用意しつつVスタを行いやすいです。
またドグマに限った話ではないもののダークレックスによる擬似Vスタンドの際にもスタンド状態の餌を残せるようになるため、ダクレの弱点であるブースターの確保のしづらさを緩和することも出来ます。

一方GB2のスキルは無難と言えば無難なもので暴喰状態であればパワーとクリを上げるものです。
お世辞にも火力面で使いやすいとは言えず、超越がしにくい、出来ない時のための非常手段という形になりますね。
とは言え暴喰スキルでのバトル中退却からの連続攻撃の布石にもなりますのでそういった面では強力です。

またこの暴喰はRでも使えるという点があります。これはガイアからのアークレイダーにGB1タイミングでの超越時にリアにこのユニットを展開することでアークと組み合わせて1ライン復活という技も使えたりします。またこのユニットを2体ガイア効果で餌化したりすると5回攻撃なんかも狙ったりできます。
Rでは暴喰状態になったからといって特に恩恵があるわけではありませんがそういうことも出来ることを覚えておきたいですね。


□まとめ

このドグマ、ガイアの効果判明によりたちかぜはGR、RRRの上位3種、主役勢のスキルが判明しました。
どれもたちかぜらしいスキルをより尖らせたもの、支えるものといういいデザインになっているかと思います。

とは言え輝ける主役がいても脇役が駄目では真価を発揮するのは難しいです。

まだ多くを見ぬ脇役達。彼らがどのようにこの主役達をサポートしていくのか。
今から楽しみですね。


それでは。

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
251位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。