• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たちかぜ双闘デッキ案

お久しぶりです
古代竜の双闘が出ると聞いてテンション上がったため久しぶりにブログ更新でございます

今回紹介するデッキは新しく登場する古代竜にしてたちかぜ初の双闘ユニット2種
その2種を両方共主役にしたいわゆるスタンダードなタイプの古代竜デッキです

とは言えこのデッキの実戦経験は0です
あくまで1人回しをしてみた感じ、また回し方はどうなのか位の参考にお願いします

あと補足するとこの双闘2種が判明した時点では驚くべきことにほぼ全てのたちかぜのカードが判明していません
そのため追加されるカード次第ではより一層強化出来る点も忘れないでください

それではデッキレシピです

□デッキレシピ(仮)

G3
古代竜ティラノクエイク×4(双闘リーダー)
古代竜マグマアーマー×4(双闘リーダー)

G2
古代竜ティラノバイト×4(双闘メイト→リーダークエイク)
古代竜ナイトアーマー×4(双闘メイト→リーダーマグマ)
古代竜ディノクラウド×4

G1
古代竜パラスウォール×4
古代竜イグアノゴーグ×4
古代竜ガトリングアロ×4
古代竜トライプラズマ×1

G0
古代竜ディノダイル×4
ブラックキャノン・タイガー×4
砲撃竜スレッジアンキロ×4
古代竜オルニトヒーラー×4
ベビー・プテラ(FV)

□スタンダードなので

とりあえず双闘ユニットのスペック測りも兼ねてほぼ古代竜単のデッキです
上記のレシピにも既に書いてありますが双闘2種の主役ユニットとそのサポート、汎用性の高いユニット達で今回は構成されています

とりあえず各々のスペックについて書いていきましょう

古代竜マグマアーマー
グレード3
パワー11000
【起】【V】:【双闘20000】「古代竜 ナイトアーマー」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【V】:[CB1,SB1] あなたのバトルフェイズ中、あなたのリアガードがドロップゾーンに置かれた時、このユニットが【双闘】しているなら、コストを払ってよい。払ったら、そのカードをユニットのいない(R)にコールする。
【自】【V】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、中央列に他のあなたのユニットがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

古代竜ナイトアーマー
グレード2
パワー9000
【自】【R】:[他のあなたのカード名に「古代竜」を含むリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたのヴァンガードが【双闘】しているなら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、『【自】【R】:このユニットのアタックがヒットした時、あなたのダメージゾーンから1枚選び、表にする。』を得る。 【自】【R】:[他のあなたのカード名に「古代竜」を含むリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたのヴァンガードが【双闘】しているなら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、『【自】【(R)】:このユニットのアタックがヒットした時、あなたのダメージゾーンから1枚選び、表にする。』を得る。

古代竜ティラノクエイク
グレード3
パワー11000
【起】【V】:【双闘20000】「古代竜 ティラノバイト」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【V】:あなたのバトルフェイズ中、あなたのVにいるユニットと同盟のあなたのリアガードがドロップゾーンに置かれた時、このユニットが【双闘】しているなら、このユニットのパワー+5000/☆+1。
【自】【V】:[あなたのリアガードを1枚選び、退却させる]このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。

古代竜ティラノバイト
グレード2
パワー9000
【自】:[CB1] このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、あなたのカード名に「古代竜」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、このカードを(R)にコールする。

とまあこんな感じではあるのですが、各々かなり強力にデザインされていると思います
特に念願のG2イグアノも来たため以前まで使っていたLB系古代竜がかなり安定して使いやすくなるのは嬉しい限りです

ちなみに今回の双闘ユニットが2種ありますが、マグマアーマーに関してはほかに何かしらのサポートがないとバニラ同然になってしまうためクラウド系列が相当大量に入っています

□特化型も面白い

現在今回の弾ではこの2組が判明したのみですが既に色んなデッキタイプが浮かぶぐらいには大きい追加でした
マグマ特化、クエイク特化、双闘特化、LB型等今後もデッキタイプが浮かんで気が向きしだい書いていこうと思います

そのためにも早くコモン系の情報が知りたいところです

それではまた

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
239位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。