• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対双闘銃士考察 - 喧嘩屋編

今回は「喧嘩屋」を使ってる時の対「銃士」戦の考察であります
……ってなんか「銃士」ばっか考察してますけど、実際のところ友人のメインが「銃士」なのもあって(その友人は2期の時から使い続けてる古参なので間違ったプレイングはそこまでしてないはず)対戦する機会は尋常じゃないほどに多かったのです

さらに言えば私はまだ新型「ライザー」との対戦経験、及び「鋼闘機」との対戦経験、そして双闘レパイクとの対戦経験も無いのであんまり書けないんですよね……(作ってる人が少ないんですよね周りで。「ライザー」とかスパイクとか)

まあそのあたりは徐々に対戦が出来るようにしてここに順次書き上げていこうとは思いますので見て頂いてる方は気長に待って頂ければと思います

それでは本編
「銃士」対戦考察です

□まずは「銃士」の性能から……って

これは前回の時に書きましたのでそちらをご覧になって頂ければと
正直2回も書くようなことではないですし

□根本的な相性の悪さ

さて、今回お互いが双闘する術を持っている「銃士」「喧嘩屋」
しかし「喧嘩屋」は元を辿れば《なるかみ》、つまり相手リアガードの退却を主に行うクランであります

で、「銃士」の特徴の1つに展開力の高さがあります
……うん、この展開力の高さは尋常じゃないんですよ

双闘システムが実装される前の「銃士」の時に「喧嘩屋」と同じレベルで退却を行う「抹消者」で度々戦っていました
……いやあ、リアガードが湧き出る湧き出る
除去なんて意味がないんじゃないかと思うレベルですよ

果てはテンペストで一掃しても手札2枚で盤面が全て埋まるという意味の分からない事態になったりとか
……まあはっきり言って散々な目にあってました

そして今回の双闘「銃士」は片方が展開力に長けているわけでありますが、そっちに乗られるとまず不利です
それだけは覆すことが出来ない事実です

□取るべき対策は?

ですので基本戦術はクリティカル等を上げてのごり押しでしょう(……なんか「古代竜」のときにも同じこと言ってたような気がしますが)
そして退却は無理に狙わずにインターセプトを潰すくらいの気持ちで行きましょう

この2つを簡単に満たす「喧嘩屋」はショットガンブロー・ドラゴンですね
入手できるのがFC2014(しかも封入率操作組)なので入手困難なカードではありますが、クリティカルの追加と2体退却が同時に行えるので序盤からラッシュをかけれます

サブには同じくクリティカルの追加を狙えるワイルドラッシュ・ドラゴンですね
不確定ながらもクリティカルの追加とパワーを跳ね上げられるのでガード計算を狂わせ、尚且つ「銃士」では割と採用率の高いQWに対してもパワーが上がる効果で貫通を狙うことができるかもしれません
ただ退却効果は使わないことが多くなることでしょう

□まとめ

とにかくVを狙ってクリティカルのラッシュをかけるってことですね
「古代竜」の時と同じじゃんと言われるかもしれませんが、実際「銃士」の攻めは途切れ知らずなのもあるのでリアガードを狙うのは効果的でない場面が多いんですよね

殺られる前に殺る
それが「銃士」との対戦なのですからね

次は「探索者」デッキと戦う際の「古代竜」が書けたらいいなあ……と思っています

それではまた


コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
220位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。