• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオスブレイカー軸星輝兵デッキ案

まだ13弾の《リンクジョーカー》の全てのユニットの能力が判明したわけではありませんが、
現状で判明しているユニットでのデッキを考えてみました

今回は今注目されているカオスブレイカー軸を考えてみました

それではデッキレシピです
どうぞ

□デッキレシピ

・グレード3
星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン×4
星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン×2
星輝兵 ネビュラロード・ドラゴン×2

・グレード2
星輝兵 コロニーメイカー×3
無双の星輝兵 ラドン×4
凶爪の星輝兵 ニオブ×4

・グレード1
魔爪の星輝兵 ランタン×3
障壁の星輝兵 プロメチウム×4
獄門の星輝兵 パラジウム×3
魔弾の星輝兵 ネオン×2
星輝兵 カオスビート・ドラゴン×2

・グレード0
星輝兵 ヴァイス・ゾルダート×4
星輝兵 メテオライガー×3
星輝兵 スカウンティング・フェリス×2
星輝兵 ネビュラキャプター×3
星輝兵 ステラガレージ×4
星輝兵 ダストテイル・ユニコーン(FV)

□各カード枚数理由

というわけで今回はカオスブレイカー軸です
グレード3はメインであるカオスブレイカーを4枚
BRユニットである無限竜さんを2枚
サブVとしてネビュラロードを2枚としています

無限竜を4枚体制にしてBRをさせやすくしても良かったのですが、
G2ユニットのコロニーメイカーは“呪縛”を行えなければバニラとかしてしまうためとりあえず“呪縛”出来るユニットが多い方がいいだろうと思ってネビュラを今回採用しました

またネビュラはカオスブレイカーと違い火力がかなり高いため試合を終わらせるタイミングなどで再ライドすればいいフィニッシャーになると思います
それなくても普通に強いですしね

G2はコロニーメイカーが入ったくらいで他は変わってないですね
カオスブレイカーは“呪縛”がしやすいためニオブ、そしてランタンの能力が生かしやすいです

G1は“呪縛”延長のパラジウム、“呪縛”を糧にパワーが上がるランタン、カオスビートを採用しました

今回G1の種類を増やせたのもコロニーメイカーの登場が大きいですね
特にカオスビートは素のパワーが6000と低くあまり枚数を採用したくない類のユニットのためこういう確定でのサーチ要素は非常に助かります

また場にあることで役に立つパラジウムも状況によって呼べるためコロニー様々です

最後はトリガーですが、長期戦は得意ですが火力に難ありのカオスブレイカー
そのため☆7:引5:治4のバランスにしました

なるべく引を増やしたかったのですが☆の数が足りないと決定打に欠けてしまうと思いこのバランスに踏みとどまりました

□プレイングについて

ざっくり話すと、カオス、ネビュラのスキルで相手ユニットを“呪縛”し、
それに練度したユニットのスキルを使って有利に試合を進めていくことですね

カオスの場合は“呪縛”が行いやすいためLB発動前からでも使ってて問題はないでしょう
とは言え乱発は禁物。きちんと間接的なアドバンテージが取れる範囲を“呪縛”しましょう

ネビュラはこのデッキのメインではありませんが、素乗りした場合でも戦えます
ただネビュラはパラジウムのサポートが無ければすぐにジリ貧になってしまいます
LB前に“呪縛”スキルを使うのは緊急事態と判断したとき位にしておきましょう

正直理想は無限竜からのBRを決めることなんですが、無限竜の状態だとコロニーを使えない、
BRしないと一部のリアガードが機能しないなどの問題が発生するためBR一本頼りはやめましょう

□環境にはどう食い込む?

カオスブレイカーの最大の強みは前列を簡単に“呪縛”出来る点です
確定で攻撃回数を押さえ込むことができるのは他のクランには出来ない芸当ですからね

ただリアガードの動きが重要になるクランならともかく最近の環境で唸りを上げている「抹消者」「撃退者」は3体以上(特に「撃退者」は)“呪縛”しないとVのみでの突破を試みるようなタイプのデッキですからね
ここら辺が注意が必要です

また最近私の中で急激な苦手意識が湧いてきた「次元ロボ」
アドバンテージが稼ぎにくいクランではありますが、そのメインヴァンガードであるダイユーシャ
彼はLB前にクリティカル追加(しかも自然と21k行きやすい)の能力があるため3点止めを苦手とする《リンクジョーカー》からするとひどい天敵にあたります

とは言え大半のクランは“呪縛”を苦手とするはずですし、“Я”ユニットを主役にするデッキでは自然とカオスブレイカーのスキルの条件を満たしてしまうため相性は良かったりします

13弾では一気にクロスユニットが4体も追加されるためより一層予想がつかない環境になるでしょう

そこにどうこのクランが食い込んでいくか楽しみなところであります

それでは

コメント

初めまして
やっぱり、次の環境もLJですかね
グレネイにワンチャンはあるのか…

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2970位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
204位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。