• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶爪の星輝兵 ニオブ,魔爪の星輝兵 ランタンについて

凶爪の星輝兵 ニオブ
グレード2 ノーマルユニット リンクジョーカー
パワー9000 シールド5000 サイバロイド
【R】:あなたのカードの効果で、相手のリアガードが呪縛された時、
あなたの《リンクジョーカー》のヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

魔爪の星輝兵 ランタン
グレード1 ノーマルユニット リンクジョーカー
パワー7000 シールド5000 サイバロイド
※以下ニオブと同様のため省略

今回はこのユニット達について考察してみたいと思います □“呪縛”を力に変えて

他のクランにもある定番のクラン特有行動をするたびにパワーが上がるサイクルのユニット

今回の2体はその中でも珍しい、名称を持っているにも関わらず名称指定のスキルでないという特性を持っています
ある意味理想的な特性ですね


さて《リンクジョーカー》の特性といえば“呪縛”
そうです、この2体は“呪縛”を行うたびにパワーが上がっていくのです

□バニホ互換の高き壁

肝心のパワー上昇値はと言いますと、2000と最近の中では若干非力な部類に入ります

さらに《エンフェ》に所属するミリオンレイ等の条件と違い、“呪縛”のコスト査定は若干の重さを感じさせるため、あまり連発の発動には期待ができないという悲しい現実を持っています

そのためお世辞にも使いやすいとは言えません

しかもG2であるニオブについて言えば、同じく名称ユニットであるラドンという壁が存在します
2回“呪縛”すればラドンを超えられますが、基本的に“呪縛”は前述の通りコストが重いので、1回は超えれても2回目の攻撃からは無理というのが悲しいところです

ただG1のランタンは貴重なリアでの9000ブースターとして運用が出来ます
「星輝兵」単色で組もうと思うと12kでアタックできるラドンの後ろで21kが
「星輝兵」単にこだわらなければトワイライト・バロンもいます

そのためニオブよりかは声がかかりそうです

□このユニット達を活かすなら

相性のいいユニットとしてダークバンドが挙げられます

ECB1で後列の“呪縛”が行え、ダストテイルとの相性もいいこのユニットはこのユニット達の“呪縛”の回数を要求するユニットとの相性がいいわけです

名称であるためニオブにはラドンというライバルが居続けるままですが、5枚目以降のバニホといった感覚で扱うことができるのではないかと思います

ランタンもダークバンドの後ろで22kを出すことができるため、ヴァンガードの安定した高パワーを出すためのサポートが出来ますからね


とは言え“呪縛”できる回数には限りがあります

タイミングをきちんと見計らって無駄打ちになることがないようにプレイしていきたいところです



それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
220位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。