• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新スキル”呪縛”について

TD発売2週間前というかなり情報が伏せられていた《リンクジョーカー》
そんな彼らの情報が昨日公式サイトにて発表されました

そして同時に彼らを象徴することになるであろうスキルである“呪縛”についての詳細も判明しました

既に知っている方も多いと思いますが、その“呪縛”についてまとめてみたいと思います

□“呪縛”の特性

まず肝心の“呪縛”の能力ですが、
ユニットをサークルごと封印……というか制限する能力ですね

公式によると、

・“呪縛”状態の判別はユニットを裏返して行う
・リアガードでは一時的になくなる
・リアガードで行える行動の全てを規制
        ↓
サークル間の前後移動、張替え、
アタック、ブースト、スキル発動、コスト退却……etc
・“呪縛”をかけられたユニットの持ち主のターンのエンドステップ前に解除
・解除はコールとは別物のためコール自能力は発動しない
(例・キャノンギアが“呪縛”解除されてもリアガードの退却は不要)

とのことです

□されて困ることって?

リアガード参照能力を発動したい場合に、“呪縛”されたユニットがリアガード扱いにならないために能力の発動ができないという現象が起きてしまいます

《たちかぜ》で今後よく起こるであろうパターンを想定すると、

キャノンギアをコール
    ↓
スカイプテラを退却したい
    ↓
しかしそのスカイプテラが“呪縛”されている
    ↓
なのでスカイプテラが退却できない
    ↓
ディスアド軽減が出来ない

と言った感じでしょうか?

そうです
《たちかぜ》のディスアド軽減の要となる餌ユニットが“呪縛”されると非常に盤面的に厳しくなってきます

現状“呪縛”できる位置は各々のユニットにより別々ではありますが、
攻撃回数の封じ、餌によるディスアド軽減の妨害など《たちかぜ》には厳しい能力です

というか他のクランもリア参照能力は多いですし、むしろこれで厳しくないクラン……というかユニットがいるとすれば最早ディセンダントなどの手札参照ユニットでしょう

□“Я”ユニットについて

アニメでも登場し、情報が公開されたボーイングセイバー等の“Я”ユニット

現状はセイバーしか効果は判明していませんが、自分自身のユニットに“呪縛”をかけることでただいなる恩恵を受けることができる形になっています

設定上では《リンクジョーカー》に支配されたユニットであるという設定がありますが、
混色ユニットではないため《リンクジョーカー》に投入はできません

ただ《リンクジョーカー》以外のクランでも“呪縛”が関与してくる可能性が大いにあるので、
《リンクジョーカー》に興味が無くても(多分そんな人はあまりいないと思いますが)最低限“呪縛”に関しては知っておきましょう



さて
“呪縛”についてはとりあえずこんなところですかね

次回は“呪縛”の使い手である《リンクジョーカー》のユニットについて考察してみたいと思います
それでは

コメント

スカイプテラならまだ手札に戻ってる可能性あるからいいですけど、古代竜のイグアノなんたらは悲惨ですね(^_^;)

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
282位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。