• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラキオシリーズは何故使いにくいのか?

城塞竜 ブラキオキャッスル
グレード3 ノーマルユニット たちかぜ
パワー9000 シールド無 ディノドラゴン
:[CB(1)]このユニットがRからドロップゾーンに置かれた時、あなたの
《たちかぜ》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなた
の山札から「輸送竜 ブラキオポーター」を1枚まで探し、Rにコールし、その
山札をシャッフルする。

空母竜 ブラキオキャリヤー
グレード2 ノーマルユニット たちかぜ
パワー7000 シールド5000 ディノドラゴン
:[CB(1)]このユニットがRからドロップゾーンに置かれた時、あなたの
《たちかぜ》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あな
たの山札から「城塞竜 ブラキオキャッスル」を1枚まで探し、Rにコールし、
その山札をシャッフルする。

輸送竜 ブラキオポーター
グレード1 ノーマルユニット たちかぜ
パワー5000 シールド5000 ディノドラゴン
:[CB(1)]このユニットがRからドロップゾーンに置かれた時、あなたの
《たちかぜ》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あな
たの山札から「空母竜 ブラキオキャリヤー」を1枚まで探し、Rにコールし、
その山札をシャッフルする。

どうも
久しぶりの更新になります

今回の議題は数ある餌型ユニットの中でも特に扱いが難しいと言われるブラキオシリーズについて、
何故扱いにくいのかを考えてみたいと思います


□特性は強いのです

その能力の特性上リクルート+デッキ圧縮+バトルフェイズ中の退却に成功すれば連続攻撃を行うことも出来る程の強力な能力の塊とも言えるブラキオシリーズ

なぜ彼らがあまり使われていないかと言われると、
やはり真っ先に挙げられる理由としてパワーが低すぎるということが挙げられるでしょう

基本的に皆さんに一番好まれて使われている餌としてスカイプテラがいます
そのスカイプテラのパワーがG1.6000なのに対し、
こちらのブラキオシリーズはG1から5000,7000,9000と各グレードの最低クラスなのです

リクルートしても、連続攻撃ができるにせよ、
これらのメリットを自分たちのパワーで真っ先に潰しているのがもったいないところです

そしてもう1つの悲しいところとしてG3が餌であるという点が挙げられます

本来《たちかぜ》のG3の役割は捕食者
つまり切り札的存在としてパワーが高く、餌を食べるものでなければ動かすのが困難になることが多いです

さらにG3の枠を餌型ユニットが奪ってしまうことで必然的に餌型ユニットにライドしてしまう可能性も高くなり、
結果的にコンボを決める可能性も減らしてしまうことにつながります

そのためG3の餌型ユニットは使いにくい面が目立ってしまうわけです

しかもブラキオシリーズは各グレードに数枚ずつ積まなければ機能を果たしてくれない可能性が非常に高いため、
パワーが低いユニットで各グレードの枠を奪うためより使いにくさが目立ってしまう要因となってしまっているわけです

□コストも使いにくい要因

使いにくい面としてCBがコストであることも挙げられます

現状《たちかぜ》で効率よく退却する方法はかなり多くはなってきましたが、
それでもバトルフェイズ中に確実に退却させる方法はまだ多くありません

しかもノーコストで行える方法で確実性があるといえば良くてダークレックス位しか該当するユニットはいないといってもいいでしょう

一番確実に退却できる方法としてラプトルカーネルが挙げられますが、
彼のLBにもCBが必要になるため連発は厳しいのです

しかもなるべくならブラキオシリーズ2体を巻き込んで1ライン完成を目指さないとまともな攻撃は不可能に等しいのでCB3を払っての行動になることも多いです

実際に使ってみると1回発動することが精一杯で、
そのあとの完全ガードがなくなり始めたタイミングで使いたい時に使えないなどのジレンマもあったりしたものです

□TCGの宿命

ヴァンガードもTCGである以上使えるカードと使えないカードの2種類にバッサリと分かれてしまいます

ですが完璧な完全上位互換が比較的少ない《たちかぜ》の中でも特に餌型ユニットは個性的なメンバーが揃っているため完全には優劣をつけることはできません

そして忘れ去られた頃に相性のいいユニットが出るのもTCGの常

現状ブラキオと相性がいいと思えるユニットはかなり少ないですが、
今後相性がいいユニットが出ることに期待したいところです


それでは

コメント

パワーが1000ずつ高いだけでRRクラスの性能になってしまう。
たちかぜは連続攻撃がしやすいからシビアな調整がなされている。
グレートネイチャーのブレーメンシリーズは連続攻撃ができないから
パワーが高いのに使用されるのは稀な訳で、
やっぱり妥当な調整なのかと。
特性上複数枚全グレードに積まなくてはいけないのが採用されない一番の理由だと思いますね
連続攻撃のためにバトルフェイズ中い退却したくてもこいつらをいれるとダクレが入りにくい
ラプトルにしても枠がないですし
面白いカードではあるんですがね…
ブラキオシリーズは、バトレとそこそこのシナジーを生んでいると思います。

今考えれば、G2,G3のパワーはもう1000高くてもよかったような気がします。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4701位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
326位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。