• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対戦考察 対ジ・エンド戦

お久しぶりの記事となります
どうにも最近は時間が取れなかったので更新ができませんでした

今後のかなり不定期の更新になるかと思いますがご了承ください


さて久しぶりの記事なのですが、今回は先日規制解除されることが決定したジ・エンド
彼のデッキを早速友人が作り直してきたので早速ファイトしてみることに

こちらの使用したデッキはこちらも出来たてのデッキである「古代竜」です

それでは続きからどうぞ
□いい勝負相手

ジ・エンド
皆さんの中での印象はどういったものでしょうか?

私の中では(勝手ながら)ライバルといった位置になっています

かの5弾環境ではジ・エンドは大会では常連でしたからね
私もデスレックス軸(しかなかったので)で戦ってましたが、何故かいい勝負をしてたんですよね(笑)
(個人的にはマジェの方が驚異だったので)

ペルソナブラストを打たせるか打たせまいか
その駆け引きが面白くも思えていました

□やっぱりジ・エンドは強いよね

まあ復帰したジ・エンドはやっぱり強かったです(笑)

私の戦い方ではまず1回通して、つまり1回発動されることを前提とした戦い方をとっています
そのため結構な運ゲーなのですが、発動しようとも発動しなくともその後のプレッシャーがずっと来るので結構きついなというところです

因みに今回戦ったジ・エンドは通常型
つまりグレード3を「オーバーロード」のみで固め、バニホ、クロスライド等のシステムが今までどおりのデッキですね

因みに友人曰く、「LBを待ってるなんて悠長なこと言ってられない(笑)」だそうです
ドーントレスのBRは非常に強いんですけどね
やっぱりというかLBである以上のラグが発生してしまいます

ジ・エンドの強みの1つであるLBでないスキル持ちとしての強みを最大に生かした構築ですね

またコンローが復活したおかげでバーのサーチが再び容易になり、
クロス成功で常時21kの恐怖を相手に与えることもできます

ホント《かげろう》強いよなあ……

□今の《かげろう》の新しいお供

今回11弾の《かげろう》には割と色々な場面で活躍できるユニットも多かった印象があります

まず相手の場にG2がいるという簡単な条件で手札交換がレスト無しで行える封竜カルゼ
まぁるがる互換のドロートリガーである封竜アートピケ
エスペCBである代わりにCB1で間接的除去が行える封竜コーデュロイ等割とジ・エンドに採用してもいいカードがあります

特にコーデュロイはデッキの中の大半を「封竜」にすることでCB2と割かし重いジ・エンドのコストと合わせて使ってもジ・エンドのスキルを邪魔するおそれも少ないため採用してもいいのかなと思います


封竜ジ・エンド
それも新しいデッキタイプの1つとしていいかもしれませんね

□勝てない相手ではない!!

因みに「古代竜」で戦った場合の戦績は五分五分といったところでした
確かにジ・エンドは強いのですが、やはりペルソナという運要素が混じるため確定で効果を使えないのは痛いですよね
(まあその代わり発動したら手がつけられませんが)

ただ「古代竜」も同じような感じはします
BRが続くかどうかでかなりアドバンテージ量が変わってきますからねえ……

とは言えやはりクリティカルがつくので攻撃面でかなり強いですがね

□今後の大会では

ジ・エンドが規制されたのが2013の1/1です
なので弾数的にカテゴリユニットがたくさん登場している「解放者」や「抹消者」といったユニット達と本気では戦ったことがないんですね

今後の環境上このユニットがどういった活躍をするのか
新しい仲間も今回引っさげての登場ですからね

楽しみなところです


それでは

コメント

わざとペルソナを当たりにいく作戦は良いですね
私はジエンド戦では相手がジエンドに乗ったら絶対守る!って作戦をとりますが
今はエルモゴジョーに加えてカルゼも使ってどんどんデッキを掘り進めていけますので、ライド時にジエンドを二枚抱えてるのものだと思ってしまいます。それに「ペルソナ用のCB2が残る+手札にアタッカーを抱えてる」というファイト中盤で上手な人には手札、場によって柔軟に動かれてしまいます
たちかぜも柔軟に動けない訳ではないですが、受け身受け身で行動すると(こちらのCB的に)厳しいファイトになってしまいますね
しかし、強化された現たちかぜの力を十分に引き出してやれば勝てない相手ではありません
臨機応変に戦っていきたいものですね
いーじーさんコメントありがとうございます

5弾環境では守りきって戦うことに専念していたのですが、
やはりというかCBが足りないという状況にもなっていたためその当時から色々と試行錯誤した結果が運に身を委ねるというものでした(笑)

最近ではこういった1回発動するかしないかみたいな不確定のものに関しては、
「発動させて様子見」の姿勢を貫くことにしています

ただ《ペイル》等の発動することがわかりきっているカードに関してはガードを固くしていますけどね

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
282位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。