• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《DM記事》新種族 オラクルについて

久しぶりのデュエマ記事です

今回私がテーマにしているのはオラクルという新種族の方々(オラクルシンクタンクとか言っちゃダメ

新しくスターターも発売されましたが、同時に発売となったアウトレイジと並び今までにない動きをしてくれます

種族デッキ大好きな私としてはこれは使わないわけにはいかないと
というわけでデッキ内容等考察してみたいと思います

□転生儀式

まず現状のオラクルのキーカードとなっているのはこの人です


策士のイザナイ ゾロスター  光/闇文明 (5)
クリーチャー:オラクル 2000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
自分のターンの終わりに、自分の他のタップされているクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、次のうちいずれかひとつを選ぶ。
▼自分の山札を見る。その中から、コスト7以下の無色クリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
▼コスト7以下の無色クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。


自分の他のタップされているクリーチャーをコストとし、
新しくゼロ文明のクリーチャーを呼び出します

呼び出す対象は後述しますが、
まずこのクリーチャーの弱点として単独で機能できないという部分があります

また7コスト圏のクリーチャーを終盤に出したところでその頃には相手もゼニスクラスのクリーチャーを出すことができるためなるべく早めに出すことを心がけないといけません

そのため速度を求める以上自然文明との組み合わせは必然的に必要になってきます

その中でもうってつけなのがやはり3→5の流れができる青銅の鎧ですね
クリーチャーなので餌にすることもできます

またこのカードを核とする以上手札に加える確率は少しでも高いほうがいいです

そこで青銅も確実に手札に加えなければいけない以上2コスト圏でいいサーチカードがないか探してみたところ未来設計図という便利なものを見つけました

これでキーカードを手札に加えやすくなります


とりあえずオラクルの戦い方として青銅の3→5からゾロスターを出して青銅で殴ります
これでひとまずの準備は完了です

□転生先は?

では転生したあとのクリーチャーはと言うと同じスターターに入っているカードでこのクリーチャーがいます


神聖騎 オルタナティブ  無色 (7)
クリーチャー:オラクリオン 7000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。バトルゾーンに自分の《策士のイザナイ ゾロスター》があれば、その選んだクリーチャーを破壊する。《策士のイザナイ ゾロスター》がなければ、そのターン、そのクリーチャーのパワーは-6000される。
W・ブレイカー

ゾロースターがいるときには確定除去
そうでない時には‐6000を行うことができる中堅無色クリーチャーです

単純に使った場合忍者であるハンゾウや、ほぼ同じステータスでありながら確実な確定除去ができるサンダーブレード等が存在します

そのため必然的にゾロスターの相方として運用することになります


しかしながらこのサイズは序盤だとかなり苦しむ大きさです
それが4ターン目頃には出るのでかなり序盤から責め立てることができます

しかも確定除去の無色だけでなく、ハンデス、マナブースト、バウンス等の種類も豊富です
種族も指定していないため今後7コスト以下の無色が出た場合に相対的な強化が見込まれる点で将来性がある点で評価できますね

□ビートよりコントロール(?)

このオラクルという種族上、コントロール向けのカードも多かったりするわけですが、
ゾロスターの性質上殴る、または何かしらのギミックを用いなければいけません

基本的にはギミッグを使い安全な方法を行うのがベストですが、
殴っても同じく発動条件は満たせるのでむしろ殴りやすい感じがします


実は私は光文明を絡めたデッキが苦手でして……
理由はコントロール向けデッキになる場合が多いのでフィニッシュ等のタイミングがわからないというものがあります

ですがこのゾロスターを絡めると否応でも殴る必要性が序盤から必要になってくるためどんどん効果を繰り返すたびに相手にシールドがいつの間にかなくなっているということもよくあることなのです

だからこそこのデッキに私は惹かれたのかもしれませんね

□種族だけど種族じゃない

今回E3で初登場した種族2つはいずれも種族で固めることでシナジーをかんでいますが、
実際は種族を指定していないので他の種族クリーチャーも自然に混ぜることができます

流石に進化クリーチャーには対応できませんが他の種族クリーチャーを絡めることでより一層不思議な動きを行うことができそうです

今後の展開が楽しみです


因みにアウトレイジもアウトレイジで変則的ビートダウンに仕上がっています(プロモとかいるけどね)

「これまでのデュエマとは一味違うぜ!!」というのを味わいたかったら是非一度お試しあれ


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1874位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
131位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。