• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餌役ユニットをまとめてみました

11弾という最新弾での強化を控えた我らがクラン《たちかぜ》

そんな《たちかぜ》を支えてきた要である〝餌”となった者たち

今回はそんな餌役達をまとめてみました

それではどうぞ □〝餌”年表

◆1弾

・突撃竜 ブライトプス

初めての《たちかぜ》の〝餌”ユニットであり、
私を始め多くの《たちかぜ》使いの心を射止めたであろうユニットの1体

退却時にシールドンをデッキからサーチする能力を持っており、
デッキ圧縮、ガード値増加等の利点が見込める

またブラフ要因として相手リアガードの攻撃対象から逸らせる目的にも使用することができる(ただし相手によっては効かない)

◆2弾

・ドラゴンエッグ

《たちかぜ》初のFV向けデザインユニット
今後まさか8弾までFV向けユニットが登場しないとはこの時思いもしなかった……

ご存知の通り退却時に自身を手札に戻すスキルを持っており、
ほぼすべての捕食者と相性がいい

基本的に手札に戻したあとにガードに使うのが基本形
スカイプテラが来るまでの繋ぎ的役割である

緊急時には前衛に出して戦ってもいい


……ヒット時効果?知らんなあ

・翼竜 スカイプテラ

全国の《たちかぜ》使いが歓喜した今でも現役クラスの餌ユニット

効果はドラゴンエッグと同じものだがパワーが6000あるためブースターとしての運用が十分に可能
エッグと同じく前衛に出してもCBで復帰できるので特攻もある程度可能である

エッグと違い確実に手札に加えれるわけではないので何かしらの手段が欲しいところ

◆3弾

・怒竜 ブラストザウルス

退却時に手札を1枚捨てることで同名カードをデッキからスペリオルコールすることができる珍しいグレード3の餌ユニット

バトルフェイズ中の退却を行うことができれば連続攻撃を行うことができるが、
ライドしてしまった際には9000の低防御力を呪うことだろう

基本的に運用するとディスアドになりやすい性質を持っているので扱いが難しい

デッキに複数枚妻ないと効果が使いにくいのも悲しいデメリット

・怒竜 スパークザウルス

ブラストと同じく手札を捨てて同名カードをデッキからスペコする能力を持つグレード1

こちらはブーストという性質上ブラストに比べると扱いやすい

ただし結局はパワーが5000しかないので気をつけなければいけないのがたまに傷

ブラスト同様複数枚カードを積まなければいけないのがきつい

◆8弾

・翼竜 ビームプテラ

それから5弾分(約1年)の時がたった……

途中でキングが追加されたものの餌役に関しては完全に1年ぶりの収録

そして待望の7000ブーストの餌が登場
バトルフェイズ中の退却という制約がある代わりにユニット1体のパワーを+3000することができる

同弾で登場したカーネルとの相性が非常に良く、
普通に7000ブーストという貴重な存在のため重宝する

ただし何の考えもなしに打つと復帰手段がないため一気にジリ貧になるのには注意

・翼竜 スラッシュプテラ

ビームプテラのG2版ユニット

恐らくこれが《たちかぜ》における一時的バニホ互換(例・ジャンピングジル等)なのではと思う

ビーム同様にバトルフェイズ中の退却のみに反応するため同弾のカーネルとの相性は良好

ただしビーム同様復帰手段がないのと、
インターセプトも兼ねることができるため退却タイミングに注意

また退却後に発動する能力を最大限に生かすことを考えて配置位置にも注意しておくこと

・ブラキオシリーズ

初の3身一体型の餌ユニット

各グレードごとに5000、7000、9000という低いパワーの代わりにCB1を払うことでデッキないから指定された次のブライキオを持ってくることができる

バトルフェイズ中の退却に成功させれば1ラインの復元も可能

大幅なデッキ圧縮も期待できるが、
その反面大量に積まなければ意味をなさないものになってしまう可能性と、
元々のパワーが低いのがかなりの難題

特にG2の7000のパワーはかなり厳しさを感じるので、
いっそのことG2のみを抜くという手もありやもしれぬ

総じて上級者向けの餌

◆11弾

・古代竜 イグアゴノーグ

《たちかぜ》初のカテゴリである「古代竜」に属する餌ユニット

退却させられてもCB1で復活するというさながらゾンビを思い出させるようなスキルを持ちます

ただしヴァンガードが「古代竜」の場合にのみ能力が起動するため残念ながらカーネル等既存ユニットの餌として使えないデメリットがある(一応使えなくはないのだが……)

「古代竜」を主軸とした場合にはこのユニットを引けるかどうかで未来が変わる
割とまじで


□生きとし生ける“餌”達に感謝を……

《たちかぜ》はディスアドを背負いながらの戦いになります
そしてそれを陰ながら支えてくれているのがこのユニットたちということですね


……しかしこうして見ると意外と少ないんですね、餌ユニットは

今回は「古代竜」限定の餌でしたが次回強化時にはカテゴリ参照しないユニットを餌役として仕立て上げて欲しいところです


それでは

コメント

まとめのあたりでなんか泣けてきました

本当に餌役の皆さんには感謝してます
初めまして。虫麿と申します。いつもブログを見させてもらっています。

ブラキオシリーズはうまく使いこなせると、結構強いですよね。弟が各2積で使っています。カーネルの能力で2体退却させ、疑似スタンド(パワーがあれですが^^;)、キャノンギアのコストにしてインターセプト要因を作る…等々。とても面白いユニットだと思います。デッキを貸してもらったときは、たちかぜやべぇ…とか思ったものですw

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1874位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
131位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。