• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代竜 ディノクラウドについて

古代竜 ディノクラウド
グレード2 ノーマルユニット たちかぜ
パワー9000 シールド5000 ディノドラゴン
【V/R】:[他のあなたのカード名に「古代竜」を含むリアガードを1ま選び、退却させる]
このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの《たちかぜ》のヴァンガードがいるなら、
コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。

古代竜 ガトリングアロ
グレード1 ノーマルユニット たちかぜ
パワー7000 シールド5000 ディノドラゴン
以下ディノクラウドと同様のスキル


「古代竜」のアタッカーポジションとして登場したユニット達
今回は彼らについて考察してみたいと思います
□貴重なリアアタッカー

単純にこいつの性能を表すのならスペックが底上げされた代わりに「古代竜」の制約がついてしまったサーキュラー・スピノーです

スピノーはバトルフェイズ中に退却を任意で行うことができる珍しいグレード2のユニットとして《たちかぜ》デッキには入れていましたが、今回の「古代竜」にはバトルフェイズを限定して発動する能力はありません

なので他の「古代竜」に比べると優先順位は下がってくるかと思います

ですがバトルフェイズ中の退却なので、イグさんやベビーのスキルとコンボし、
連続攻撃回数を増やすという芸当もできます

そのため全く無駄になるわけではないわけです

□コストの関係

誠に残念なことにこのユニットは退却ユニットが「古代竜」に限定されています
そのためスカイプテラ、ビームプテラといった既存ユニットとの連携が取りにくいという悲しい点があります

一応ヴァンガードが《たちかぜ》なら何でもいいので「古代竜」メインでないデッキでの運用も考えることができますが、
如何せん不安要素が大きすぎます

特に盤面を反映するので「古代竜」でないユニットに若干の悲しみを覚えてしまいます

なので完全に「古代竜」専用運用でしょうね


ですが「古代竜」のエースであるレジェンドがかなりコストを食うので効果を発動できる機会そのものがあまり無かったりします

無いよりはましですが、この分だとバニラ等の安定性のあるユニットを投入したほうがいいかと思われますね

□グレード1版

ガトリングアロに関してですが、一応グレード1という立場ゆえにブーストすることがメインの作業になってきます

なので効果の発動を期待して投入するよりかは「古代竜」の枠埋めの形で投入するかと思います

「古代竜」はカードプールが少ないですしこれ以外に選択肢がないですからねえ

とは言えいざという時にはアタッカーにすることもできるのでリアの配置の際には覚えておくといいですね

□総評

現在の評価はまだ枠埋め程度の物です
ただ今後餌のユニットでバトルフェイズ中などの制約があれば輝ける時が来るかもしれません

今後に期待ですね


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2480位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
170位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。