• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴニック・オーバーロードについて

ドラゴニック・オーバーロード
グレード3 ノーマルユニット フレイムドラゴン
パワー11000 シールド無し
【V/R】:他のあなたの《かげろう》の、ヴァンガードかリアガードが
いないなら、このユニットのパワー-2000。
【V/R】:[CB(3)]そのターン中、このユニットのパワーを+5000し、
【V/R】:このユニットのアタックが相手のリアガードにヒットした
時、このユニットをスタンドする。』を得て、『ツインドライブ!!を失う』

トライアルデッキ帝国の暴竜にて発売されたかげろうのグレード3のユニット

今回はこのユニットに関して考察していきたいと思います □エターナルフレイム!

このユニットの能力と言えばアニメの2話で使われた起動能力の効果

発動するとパワーを+5000しリアガードにアタックをヒットさせればスタンドするという能力を持っています

発動コストはCB3と少々重いですがガードの要求値を確実に上げ、スタンドすることもできるため攻撃力を大幅に高めることができる強力な効果です

ただしその代償としてツインドライブ!!をそのターン失ってしまいます

とは言え、リアガード時で使うのならば関係ないですけどね

ただヴァンガード時ではツインドライブ!!を失うだけでドライブチェックができなくなる訳ではないので、
うまく攻撃を通すことができた時には、最大で3回のドライブチェックを行うこともできたりします

ただ完全ガードを使われたりしたらスタンドできなくなるのでリスクはかなり大きいですが

この効果をリアガードで使うとかなり怪しいことをすることができます

効果を発動したものの攻撃に失敗し、レストしたこのユニットをヴァンガードのドライブチェックでスタンドトリガーを引き当てることができたならば、元々パワーが5000プラスされたオーバーロードがもう1度スタンドするという、相手にとってはかなり嫌な展開にすることもできます

そのためリアガード向けの能力だと言えます

□元祖11000

このユニットは発売されたカードの中で一番最初に発売された11000のユニットであります

そのため当初はこのユニットと対峙した時を想定してパワー計算をしていたのではないでしょうか?

現在でもこの11000は1つのラインとなっています

が、このラインを超えるユニットが何体か出現し、そのうちの1体はこのユニットの強化形態ユニットであります

その影響もあり、また11000の防御力、いざとなったらエターナルフレイムといった感じでかなり汎用性が高いです

かげろうデッキを作る際に怒のグレード3を入れていいか分からない、という時

とりあえずオーバーロードで、っていう人も多いのでは?

□まとめ

総じて汎用性の高いユニットであると思います

ヴァンガードに設置すれば11000の壁として

リアガードに設置すればエターナルフレイムで攻撃力を高めて、と

使いどころはかなり多いです

最近はジ・エンドの元になったりしますし

今後も活躍するユニットであることは間違いないでしょう

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4038位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
293位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。