• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストームブリング・ドラゴンについて

ストームブリング・ドラゴン
グレード2 ノーマルユニット なるかみ
パワー9000 シールド5000 サンダードラゴン
【V/R】:[CB(1)] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から5枚まで見て、グレード3以上の《なるかみ》を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

CDプロモで登場するなるかみのグレード2のユニット

今回はこのユニットについて考察したいと思います


□シズク互換擬似能力

初期の《バミューダ》の頃から登場しているシズク互換
そしてマンダラをサーチすることが出来たカースドブレス互換(正確には互換じゃないですが)

その2つを足して2で割ったのが今回のユニットのような感じです

パワーは9000と最低限の分あリますし、
サーチ範囲は5枚と上記2種と同じではあるものの消費しているものはCBだけなのでシズク互換のようにカード1枚分損するということはなくなっています

しかしカースドブレスらと違い積み込みができなくなっています
これをメリットというかデメリットというかは人によって違ってきますが、
そもそも複数回の発動は条件、コスト的にきつそうなのでシャッフルの方が都合がいいでしょう

因みに今までグレード2において汎用サーチ手段を持つユニットは少なかったりするので結構使い勝手はいいのかもしれませんね

□《なるかみ》における立場

結構厳しいんじゃないかなと思います

基本的に《なるかみ》と言えばヴァーミリオン軸が主流のためバニホ互換が枠をとっており、
尚且つ最近株がさらに上がりつつあるデスサイズ等優秀なユニットが割と多いですからね

そこにCBを消費しながらも不確定なこのユニットが入るかと言われると微妙なところではあります

とは言え数少ないサーチ手段ですし、
クロスライドへの布石になったりするので採用圏内にはあるのかなと思いますね

□ほかのクランには出るのか?

前回高額プロモカードとなってしまったカースドランサー
彼の能力も他のクランではかなり手に入りやすいものとなっていますし、今回も通常のパックなどで収録されるのかなあと思ったりします

案外試験的な意味合いもあるのかもしれませんね

とは言えそうなったとしても以前に比べて不確定要素の方が強いため異常に高騰などはしないと思うのですが……

そこらへんどうなんでしょうね?
気になるところです


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1874位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
131位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。