• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疾駆の解放者 ヨセフスについて

疾駆の解放者 ヨセフス
グレード1 ノーマルユニット ゴールドパラディン
パワー7000 シールド5000 ヒューマン
[SB(1)・カード名に「解放者」を含むカード]このユニットが
山札からRに登場した時、あなたのカード名に「解放者」を含
むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

10弾で登場するディンドラン互換の「開放者」
今回はこのユニットについて考察してみたいと思います

□「開放者」版ディンドラン

エスクラドに続いて既存ユニットの強化互換となっているヨセフス
エスクラドはブーストの必要がなくなっていましたが、今回はパワーが1000上がるという強化がされています

代わりにヴァンガードとSBのコストとして「開放者」をしているというデメリットが付け加えられてしまいました

とは言え7000ブーストで条件を満たせばドローができるため弱くはないです
少し枠が余った時に入れたりしてもそのパワーのおかげでブースト時に困ることはそこまでないでしょう

やはりパワーの差で1000は大きいものです

□使い勝手は?

ただ残念なことに現状「開放者」を確定コールすることができる手段がないのです(あったらやばい)

エースユニットのアルフレッドも不確定コールのため狙ってこのユニットをコールする手段がありません

そこでこのユニットを効率よく使用するためには工夫が必要になってきます

その1つとして挙げられるのが、FVにメッセンジャーを使用するということです

メッセンジャーは無論「開放者」ではありませんが、
3枚見てその中から1枚選んでコールするスキルを持っているため確率としては一番高いと思います

またトリガーユニットを引きにくいというのも強みですね

しかもヨセフスのスキルが発動するタイミングでSBのコストにメッセンジャーが邪魔をするかと思えば、
効果の使えるタイミング的にはグレード1のカードがソウルにあると思いますので問題はないでしょう


とは言えメッセンジャーでも結構不確定は多いです
それでもヨセフスを利用する際には検討し見てもいいと思います

□ディンドラン達の活躍の道

以前に考察したエスクラドとヨセフス
そしてこのユニットとほぼ同様の効果を持つディンドランとヴィヴィアン

しかしディンドランとヴィヴィアンの居場所がなくなったわけではありません

ディンドランはお馴染みの組み合わせであるガルモールとのコンビ
ヴィヴィアンも主役を選ばずに使用できる強力スキルなので汎用性は高いです

カテゴリユニットの方が最近はパワーが高めに設定はされてはいますが、
それでも元々のユニットが勝る場面も多いです

自分のデッキにあった方を的確にデッキに入れて活躍させてあげたいですね


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4642位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
316位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。