• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月夜の戦神 アルテミスについて

月夜の戦神 アルテミス
グレード3 ノーマルユニット ジェネシス
パワー10000 シールド無 ノーブル
【V】LB(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[SB(3)] このユニットが
ヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、2枚引き、あな
たの手札から1枚選び、ソウルに置き、そのバトル中、このユニットのパワー
+5000。
【V】:あなたのソウルに「黄昏の狩人 アルテミス」があるなら、このユニット
のパワー+1000。

突如として現れた10弾の新規クラン、ジェネシスの暫定エースユニット

今回はこのユニットについて考察してみたいと思います


□ジェネシスとは?

そもそもジェネシスのクランは一体何をするクランなのか
そこから説明しましょう

まずダークイレギュラーズやペイルムーンといったソウルチャージを
主な戦術とするクランと同様にソウルをチャージするタイプのクランになります

どちらかというと質より量を求めるユニットの方が多いため
ダークイレギュラーズのようなソウルをチャージしまくるタイプですね

ただダークイレギュラーズがソウルをパワーに変換するのに対し、
こちらは他の何かに変えることを最終目的としています

今回のアルテミスの場合は単純ながら強力な手札に変換していますね

今後他のユニットが出ると他の何かに変換する場合があるかもしれませんが、
オラクルシンクタンクの後釜クランという立ち位置もあってか手札補充系効果が多くなると思われますね

□変則連携効果

さて本題であるアルテミスについて説明していきましょう

アルテミスは毎度の恒例になってきたりヴィエール型の連携ユニットになります

そのりヴィエール型連携ユニットの特徴として連携ライド成功時に
何かしらのアドバンテージを稼ぐことを利点としていました

しかし今回はちょっと変則的なのです

グレード0はいつも通りなのでグレード1と2の説明をしていきます

天地の弓弦 アルテミス
グレード1 ノーマルユニット ジェネシス
パワー7000 シールド5000 ノーブル
【V】:あなたのソウルに「星を射る弓 アルテミス」があるなら、このユニットのパワー+1000。
:「黄昏の狩人 アルテミス」以外のグレード2の《ジェネシス》がこのユニットにライドした時、
あなたのソウルに「星を射る弓 アルテミス」があるなら、あなたの山札の上から7枚まで見て、
「黄昏の狩人 アルテミス」を1枚まで探し、ライドし、その山札をシャッフルする。

黄昏の狩人 アルテミス
グレード2 ノーマルユニット ジェネシス
パワー9000 シールド5000 ノーブル
【V】:あなたのソウルに「天地の弓弦 アルテミス」があるなら、
このユニットのパワー+1000。
【V】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、SC(2)し、
あなたのソウルに「天地の弓弦 アルテミス」があるなら、SC(2)。


一通り読むとお分かりになるかと思いますが、
今回のアルテミスはアドバンテージを稼ぐというユニットではないのです

というよりも確実に連携を成功させて最後のアルテミスでどんどんアドを稼ぐというコンセプトになっているわけですね

そのため他のリヴィ型サイクルに比べてテキストも異質なものになっています

特にグレード2に関してはかつてのフルバウサイクルを思い起こさせるような感じですね

ただ今回はアルテミスの最終形態がソウルチャージ能力を持っているため連携を失敗しても最終的に11kに持ち込むことがかなりの確率で行えるのかなと思います

とは言え連携ライドの性として失敗よりも成功することを目指して行かないとアルテミス最終形態に必要な分のソウルを確保することが若干難しくなるので注意が必要ですね

□アルテミスのLBスキル

さて肝心のアルテミスのLBスキルなのですが、かなり強力です

まずアタック時にコストとしてSB3が要求されるのですが、後述しますが実質SB2で発動することができます

で、効果なのですが、まず2ドローからの1枚ソウルインというこの時点で強いです
そして何故かと言わんばかりにパワーも+5000という……

かのツクヨミを彷彿……というかそれ以上の何かを感じます

しかもアタックがヒットするしないに関わらずスキルの発動ができるため確実に能力を発動することができます

また自身のスキルで若干ながらソウルの供給が可能などころか、
手札にあるG2アルテミスをソウルに入れ込むことも可能なため11kにしやすいという利点があるのです

連携スキルこそありませんがこれは非常に安定した戦い方ができるのではないかなと思います

さらに言えばCBを使用していないため他のCBを使用するユニットにコストを回せるのはいいところですね
主役にしやすいため今後強力な他のグレード3が登場したとしても、
サブヴァンガードとしても有能に利用することができそうです

□まとめ

新たなクランの主役として登場したアルテミス

未だにすべてのカードが公開されているわけではないので今後に非常に期待がかかるクランですし、
メインのキャラクターがアニメ内で使用する(予定)ので今後のプッシュも期待ができます

今後の展開が楽しみですね


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
319位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。