• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宝石騎士」から考える今後のヴァンガード

新しく判明した久々のロイヤルパラディン
その正体は新しいカテゴリ群「宝石騎士」でした

これにより現在10弾で判明しているクランの内3クランが新しいカテゴリを引っさげてくることになります

新規の強化が来るのは嬉しいことなのですが、
今回のカテゴリ群は今までのカードとの組み合わせが若干難しくなっていたりします


今回はその辺りのカテゴリ事情などについて書いてみたいと思います



□カテゴリ

そもそもカテゴリユニットの起源はコミックスタイルから始まりました
(正確に言えばアルフレッドもありますが割愛)
あの当時ではカテゴリユニットは「マシニング」と「ライザー」が存在していました

どちらも決してガチの構築が出来るとは言えませんでしたが、
それぞれ固有の戦い方があり、面白い動きをすることができました

しかしその次の弾でクロス勢のサポートカテゴリ
「オーバーロード」と「ブラスター」が登場

現在では規制されるほどの強さを誇っていながら、
カテゴリ対象カード自体は非常に少ないものでした

しかしその対象カード(ジ・エンド、マジェ)が強力すぎた結果、
デッキの構築の幅を半強制的に狭められる結果になってしまいました(特に《かげろう》は)


その次に登場したカテゴリはカテゴリ群の中でもカテゴリらしい動きをする「銃士」です
デッキの大半を占める「銃士」を採用して独特の戦い方を行うタイプのカテゴリです

同じような系統には「バトルシスター」、「デスアーミー」がありますね


そんな中クロスユニットを保有しながらデッキ内のできる限りのカードをカテゴリユニットにするカテゴリがあります
それが「次元ロボ」ですね

独自の動き方が特にあるわけではありませんが、
デッキ内のカードを制限されるため構築の幅は広がりにくいですが独特の戦い方が出来るいいカテゴリと言えるでしょう

最後は9弾勢……ですが、
最早説明するまでもないと思うのでカットします

□利点と欠点

さてここまで散々カテゴリについて(歴史を振り返りながら)書いていきましたが、
カテゴリの良い点、悪い点とは一体なんなのでしょうか

◆良い点
・構築難度が低いため簡単にデッキ構築が出来る
・バニラを採用しなくてもいい場合がある(=逆に言えばバニラを採用しにくいとも取れてしまいますが……)
・バニホ互換の採用が出来る(ない場合もある)
・大概強い

◆悪い点
・構築の固定化
・クラン内での特筆性の上昇=強力なカードとしてプッシュされる=他のカードとの圧倒的差別化(悪い意味で)
・過去カードとの連携のしづらさ

ササッと書くとこんな感じでしょうかね

やはり手に取りやすいというのはいいところだと思います
「今から始めたいんだけどオススメない?」と言われておすすめすることもできますしね

とは言え、下手に強力すぎるとそのカテゴリユニットだけしか皆が使わなくなってしまいます
それでは面白くありません



……ですが現状のヴァンガードがそういった形になってきてしまっているのです

□まだ生まれて間もないです

ヴァンガードはここ2年で急成長したとも言えるカードゲームであります
しかしまだまだ生まれたてと言ってもいい感じなところもあるかと思います

そんなヴァンガードがカテゴリに手を出すのはちょっと早かったんじゃないかと思うのです

そもそもカテゴリを出してしまったらデッキ構築が短調になるのは目に見えています

大体選択肢が圧倒的に少ないのに狭めてどうするのかと本気で思ったりしてしまいます


カテゴリを攻めるのもいいですが、
未だアカネしか使用するのもがいない種族の方で攻めるのいいんじゃないかなと思うわけです

まだカテゴリは早いと思った今日この頃である感じです



今後もカテゴリに関して注目していきたいところです


それでは

コメント

カテゴリーだと過去のカードが使いづらいのは嫌ですよね^_^;
まぁ、ココみたいに忘れられた頃に強くなるのもあるんでしょうけど…

P.S.
ノヴァもカムイの新しい切札は「獣神」でした(>_<)
今後増えてくるカテゴリーカードですが、個人的にはかなり好みですね。同一クランなのにまったく別の戦い方ができる点に魅力を感じます。少なくとも、リヴィサイクルよりはかなりマシじゃないかなぁ。と思います。

構築、プレイングが狭まれますが、逆を言えばそういった制限下でいかにうまく立ち回れるか、が重要になってくると思いますので、そういった意味では楽しそうです。

構築も、非カテゴリーユニットを何を、何枚採用するか非常に悩みますので、悩む楽しみが増えて嬉しいです。
>影猫さんコメントありがとうございます

ココの場合はもともとのポテンシャルが高かったのが幸いし、
現在でもガチの最前線で戦うことができますが、
殆どのカードが(特に1~4弾のカードを中心に)スペックの低いユニットが多いですからね

特にたちかぜ何かにカテゴリが来た暁には前のカードが使われなくなってしまうんじゃないかと思うばかりです……(恐らくバニホ互換も出るでしょうし)

>犬神さんコメントありがとうございます

正直なところ私はカテゴリ系は嫌いなわけではなく、むしろ非常に面白いと私も思っています

ですが前のカードとの組み合わせが非常にしにくいのはちょっといただけないところです
(特に今回のはCBにもカテゴリ指定ありますからね)

1弾はまだしも、2~4弾あたりはたしかに今じゃ使いづらいものも多いですね(^^;

たちかぜもスパイクみたく
あまり縛られず今までのたちかぜでも使えるカード出して欲しいですね。
↑スカイプテラとかはだいぶ使い続けてきましたし…
初めまして、ラルファンという者です。

私はリュウトさんと違い、カテゴリには肯定的ですね。
元々、統一性の高いカードデザインが好きでこのカードゲームを始めた所もありますので。

他のTCGを批判する意図は無いですが、全く違うカードがメインのデッキなのに、汎用性の高い強いカードで周りを固め、最終的に使用しているカードが似てしまっている、または同じだと萎えてしまいますし。

ただ、サブクランの収録はもう少しコンスタントに行って欲しい所。
まだ追加が確定していないメガコロニーは、カードプールが40しかありませんしね。
メガコロニーでヴァンガードを始めた身としてはとても悲しいです。

今回の宝石騎士の登場は、サブクランを比較的多く組んでいる私からしたら、ロイヤルパラディンを使用するのに丁度良い機会が出来たと感じました。
バトルシスターにも言えますが、メインクランとは言え、既存のロイヤルパラディンと大きく差別化され、互換性も低いので、抵抗無く扱えそうで嬉しいです。(どうしてもメイン=ガチと言う認識の方はいるので……)
良いイラストレーターも起用しているおかげで、イラストも華やかで素晴らしい。

長文失礼いたしました。
メガコロニーも追加されたらいいな……。
ラルファンさんコメントありがとうございます

正直私はカテゴリに関して全面的に否定的なのではないのです
というか面白さだけで言えばもっと増えて欲しいくらいです

私が懸念しているのはカテゴリユニットの内の大半がインフレが始まったくらいの時期に登場したためそれより前に出たカードとのスペック差が大きいということです

特に私のたちかぜに来た暁にはそのスペック差に愕然としてしまうことでしょう

まあ元々カテゴリがあるクランはカードパワーが高いユニットが多かったりするんですけどね

正直カテゴリ増やす前にサブクランの強化回数を増やして欲しいなあとも思ったりします

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4047位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
280位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。