• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珊瑚の王女 テティスについて

珊瑚の王女 テティス
グレード1 ノーマルユニット エトランジェ
パワー7000 シールド5000 マーメイド
【V/R】:[CB(1)]そのターン中、このユニットのパワー+1000。
:このカードは《アクアフォース》にも属する。

一見するとただのエトランジェ……なのですが、
一行変な文章を持っています

「このカードは《アクアフォース》にも属する」

……混クラン時代クルー?


□混クラン

以前に公開された金ガンスさんの画像を見て一部の人は予想していたかもしれませんが、
いよいよ混クランのユニットが登場してきましたね

今回登場したユニットはエトランジェとアクアフォースの混合形式となっています

この組み合わせに関してはメリットはほぼないといってもいいですが、
今後は複数のクランを持ってることでメリットを持つことになるかもしれません


ちなみに混クランユニットであるかどうかを判別する方法はスキルを見て「《~》にも属する」というもの
クラン表記のところだけを見ても判別はできないので注意は必要かもしれません

□混クランであることのメリットとデメリット

混クランは複数のクランを内蔵した状態です

なので複数クランのトリガーを採用しやすくなったり、
今までは入れづらかった他クランのユニットを採用したりなどのメリットがあります

それに能力発動のしやすさがあります
リア向けユニットの中にはヴァンガードのクランを参照するユニットもいますからね
そのあたりが発動しやすくなるというのはいいことです

またグレード3以上のユニットが混クランである場合には完全ガードの共有ができるようになります

完全ガードのコスト自体は共有は難しいところですが、
採用している2つのクランの完全ガードを使うことができるため防御面でも頼りになるかと思われます


とは言え8弾までに登場した11000ユニットを採用する場合にはデメリットスキルである他クランユニットが自軍に存在する場合にパワーをー2000するというものがあります

そのため混クランユニットは元々のクランにもう1つ別のクランを有してるため-2000のデメリットが発動してしまいます

なので既存のデッキにそのまま投入するというのは厳しいかと思われますね

□盟主への影響

-2000スキルと同様に9弾出身の11000ユニットが持つデメリットスキルとして盟主なるものが存在します

ですが盟主の拘束効果は同一クランを持たないリアガードが自軍にいるとき、
なので盟主のデメリットは発動しないかと思われます

とは言え混クランであることを活かして他の単クランユニットをデッキ内に投入すると発動してしまうことがあるかもしれないので注意が必要ですけどね

□次回トライアルは

やはりこうなってくると金ガンスはゴールドパラディン+ロイパラみたいな感じになるのでしょうかね

一方でサンダーブレイク(らしきもの)の方は全然予想がつきませんが……


ともかく混クランの登場により新たな可能性を持ったヴァンガード
来季のアニメも楽しみです

今後の情報にも期待したいところです


それでは

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4701位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
326位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。