• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分身の術なりよ、ニンニン

隠密魔竜 マガツストーム
グレード3 ノーマルユニット むらくも
パワー10000 シールド無 アビスドラゴン
【V】LB(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[CB(2)]そのターン中、
このユニットのパワー+3000し、あなたの山札から「隠密魔竜 マガツストーム」
を2枚まで探し、別々のRにコールし、その山札をシャッフルし、そのターン
の終了時、この効果でコールされたユニットを山札の下に好きな順番で置く。
【V】:あなたのソウルに「忍竜 マガツゲイル」があるなら、このユニット
のパワー+1000。

またもや登場したリヴィ型サイクル
今回はむらくものようですね

最早既存クランの恒例行事なのでしょうか?

というわけで今回はこのユニットおよび連携ユニットたちを考察してみたいと思います


□新たな忍びの術

かなり長い日を得て強化されたむらくもの記念すべき1体目のLB持ちユニット

その能力はまさにむらくもを体現するかのごとく
CB2をコストとした分身能力=同名カードをコールする能力を使うことができます

しかもコール枚数が2体と前列を全て埋めることが可能である上に、
さりげなく本体のパワーを+3000するというおまけつき

連携が完成していれば通常時から11000なので単独で14000、7000以上のブーストで21000ラインを作ることができます

元より火力に難点があったむらくもにとってかなり嬉しい能力だといえるでしょう


ただし優秀な能力である反面分身は所詮は分身
コールしたターンのエンド時にデッキボトムへと帰ってしまいます

なのでむやみやたらと効果を使うのではなくアタッカーが足りないような状況で発動するのが一番いいかと思われます

□LBの短所

このユニットのLBは明確に同名カードの存在が必要となる2体目のLBです
ちなみに1体目はセシリアさん
あちらも同名カードをコールするという共通点がありますね

しかしながらあちらと違いこちらはデッキ内限定となっています
あちらはコストでドロップから回収すればデッキ内にセシリアの数を増やすことができますからね

デッキ内にあるストームしか呼べない=ダメージ、手札、ドロップ、フィールドといった数多くの場所に現れてしまうと一気に分身の術がしにくくなってしまうわけです

ただでさえ分身=ターンエンド時に消える存在を呼ぶ効果のため出す数は限界値の2体をきちんと出したいところ

自爆互換を使えばダメージのカードをデッキ内に戻すことも可能ではありますが、
G2はアタッカーであるがゆえにストームと相性が悪く、G1は火力不足
そこまで優先的に採用できるユニットではありません

そのため状況次第では発動することすら不可能という状況になってしまうかもしれません

なのでデッキ内のストームの枚数には気を付けて戦いたいところです

□連携ギミック

詳細は省きますがストームは連携ユニットであります

その連携ギミックはLBスキルの簡易版
ライドした際のユニットと同名カードを2体コールしターンの終わりにはデッキボトムへと帰ってしまうものです

この連携効果はどこかしらズィールに似たものを感じます

あちらも連携を成功させてどんどんパワーを下げてラッシュを仕掛ける
こちらは連携を成功させてどんどんコールしラッシュを仕掛ける

こちらの場合はパワーこそ不足しているかもしれませんが数では勝ることでしょう

また分身はターンエンド時にデッキ内に戻るため相手の反撃を食らうことがありません
なのでドラゴニックカイザーヴァーミリオンなどのような広範囲除去カードに対しては割と有効なんですよね

……ヴァーミリオンはなんやかんや言ってむらくもと相性が悪いですなあ

□単独採用

8弾から登場しているリヴィ型サイクル
その最終形はすべてLBスキルを持っており、連携ギミックを採用せずとも運用ができるレベルになっています

このユニットもその例にもれず単独での運用がしやすいデザインとなっていますね

10000になってしまうという点は厳しいですが、
サブヴァンガードとしてZANBAKUやマンダラロードなどを採用することでカバーすることも可能です

またFVを移動式にできるためストームの若干弱いところであるブースターの展開を若干フォローすることができます

そして恐らく登場するであろう汎用FV
そちらの採用も検討できるため連携を採用せずとも運用できると思われますね

分身の術はむらくもならではの能力ですし是非とも使ってみたいところです

□まとめ

しかしまさかリヴィ型がまた増えるとは……
そしてこのパターンだともう1体LBユニットが追加されるのでは、と思いますね

ですがこのユニットだけでも十分に楽しめそうですね


……問題は9弾で大量に追加されるクロスユニット(一部不確定)
クロス状態でなくとも11000が誇る防御力があります

いくら分身できるとはいえ分身のパワーは10000
単独での攻撃はかなり厳しいです

戦っていく際にはこの辺りを重点的にカバーしていくようになるかもしれませんね


それでは

コメント

むらくものFVは第五弾のも含めると
マガツとG3サーチの3体ですね。

アタッカーは揃いそうなんで、ブーストになるG1の分身ユニットは入れるといいかもしれない。
↑CB使うのと6kブーストだから、G2にはバニラとヒット時コスト回復ですかね。

エンフェ・バミューダ・グレネイと違って8弾からのはG3だけでも使えるってのは将来性があっていいですよね。
影猫さんコメントありがとうございます

最終形態がLBスキルということもありG3単体での運用がしやすいのが既存クランのリヴィ型の特徴ですからね
FVを変更したりデッキ内のスペースをうまく活用して斬新なデッキも作れそうです

ブースターもミリオンラットなどを多用すれば何とかなると事もグッドです

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4730位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
321位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。