• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒竜軍 再考察

怒竜 ブラストザウルス
グレード3 ノーマルユニット たちかぜ
パワー9000 シールド無 ディノドラゴン
:[あなたの手札から1枚選び、捨てる]このユニットがRからドロップ
ゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。 払ったら、あなたの山札から
「怒竜 ブラストザウルス」を1枚まで探し、Rにコールし、その山札をシャッ
フルする。

怒竜 スパークザウルス
グレード1 ノーマルユニット たちかぜ
パワー5000 シールド5000 ディノドラゴン
:[あなたの手札から1枚選び、捨てる]このユニットがRからドロップ
ゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から「怒
竜 スパークザウルス」を1枚まで探し、Rにコールし、その山札をシャッフル
する。

共に3弾で登場した退却時能力を持つユニット群

今回は彼らについて再考察してみたいと思います

□怒竜とは

退却時に手札を1枚捨てることでデッキ内から自分と同じ名前のユニットをスペリオルコールする能力を持つユニット

カテゴリユニットではないものの怒竜の名前を持つユニットは
グレード3のブラストザウルスとグレード1のスパークザウルスのみである

その効果の性質上バトルフェイズ中に退却させることに成功すれば連続攻撃を可能にすることができるというたちかぜの中でも特異的な性質を持つユニットであった

しかしながら3弾当時のカードプール下だとバトルフェイズ中に退却させることができるユニットは暴君デスレックスのみであり、尚且つそのデスレックスのアタックがヴァンガードにヒットした場合のみに退却効果が発動するため非常に活躍の機会が限られているユニットであった

一応圧縮を繰返しトリガーの発生率を高める目的でも運用が可能ではあるがアドバンテージ上の損を繰り返しているため価値につなげることが難しかった

また自身のパワーの低さが災いし単独での攻撃を通せるユニットが少ないということも向かい風であった

残念ながら現在でもその特性をうまく生かし切れていないというのが現状である

□相性のいいユニットの出現

まずこのユニットを使う人が極端に少ない理由として発動の機会が非常に限定的すぎたということでしょう

この効果を使う上で狙いたいのはバトルフェイズ中に退却させ連続攻撃を狙う
これが怒竜のやりたい行動でしょう

ただ上記のようにデスレックスのアタックがヒットした場合にのみそれが実現になるため終盤のアタックがヒットしない状況になるとまったく発動しなくなってしまうのです

しかも怒竜のパワーが低いため単独では攻撃を中々通しずらかったのも痛いところ


しかしながら今回その発動しにくかったバトルフェイズ中の退却を簡単に行えるユニットが登場しました

それは連携ライドユニットのラプトル・カーネルと、
バインドゾーンから飛んでくる変則的ユニットのダークレックスの2体のユニットです

特にダークレックスとの相性は抜群にいいのです
その要因は、

・ダメージトリガーが乗りにくい終盤に発動するLB能力であること
・そもそもダークレックスのLB発動条件がアタックがヒットしなかった時であること
・ダークレックスのスキルで怒竜のパワーを上げることができる
・手札の消費を抑えることができる

等色々と要因があります

しかもどれも怒竜の性質にぴったりです

特に手札の消費を抑えられるというのが重要です

何せ退却時にディスアドを回避するためのユニットとしてスカイプテラがよく使われます
それは手札を消費しないからという理由です

さらにG1怒竜に比べるとパワーも1000勝っています
たかが1000、されど1000
悲しいぐらいにその差はこのTCGでは思い知らされます

そのため手札を消費してまで5000ないし9000のユニットを残したいと思う理由がこれまではなかったのです

ですがダークレックスはそれを覆すほどの能力を持っています

LB能力によりスペリオルライドするため自身を疑似スタンドさせるためツインドライブが2回できるようになるのです

ということは怒竜を退却させて失った分の手札をすぐに回収できるというわけです
またそれどころかトリガーが乗るチャンスも増えるため攻撃を強力なものにできるチャンスでもあります

といった具合に怒竜との相性はかなりいいものなわけです

□ガチの戦闘を考えると?

正直パワーが低くて厳しいというのには変わりはありません

また手札のカードをデッキ内に戻すようなカードもないため引きすぎてしまうと効果を発動しないという最悪の事態になってしまうこともあるでしょう

しかしながら決まれば相手はガードを繰り返すうちに手札が切れてしまうでしょうし、
それに1ターン内に4回以上のまともな攻撃をするということがいかに強力かと言うことはすでにスパイクブラザーズの皆さんが実証済みです

そういった面でもそれなりに戦えるという状態にはなっているのではないでしょうかね

□デッキビルダーの腕の見せ所

ちなみにダークレックスのLB能力はバインドゾーンから行われます

そのため事前に別のG3ユニットにライドしておく必要があるわけですが、
怒竜はパワーが低いためお勧めできませんし、ダークレックスはなるべく手札に持っておきたい

となると別のG3ユニットを用意する必要があるわけですが、
そうなってくるとユニットの枚数のバランスの調整が必要になってくるわけです

なのでデッキを作る際には非常に頭を悩まさせることになるかと思います

しかしそこにこそデッキビルダーの腕の見せ所であります

面白そうなデッキになりそうなので是非とも作ってみたいところです

□まとめ

散々ディスられていた(そうなっても仕方がなかった)怒竜達

しかし新たな仲間を手に入れて今まで以上に活躍の機会が多くなった怒竜達

そんな怒竜達に今後期待したいところですね


それでは

コメント

スパークザウルス9000になってますよ

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3940位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
287位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。