• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餓竜 ギガレクス 再考察

餓竜 ギガレックス
グレード3 ノーマルユニット たちかぜ
パワー10000 シールド無 ディノドラゴン
【V/R】:あなたのターン中、他のあなたの《たちかぜ》のリアガードが
ドロップゾーンに置かれた時、そのターン中、このユニットのパワー+1000。

3弾で登場したリアガード向けアタッカー

今回はこのユニットについて再考察してみたいと思います □餓竜 ギガレックスとは

現状のたちかぜカードプールの中で唯一のRRRであるリアガード向けアタッカーである
そのバンプ値の中途半端さからこのユニットがRRRであることを認めないプレイヤーもいるとかいないとか

「もっと調整がしっかりしていれば」
そう思わずにはいられない性能であり、なぜこうなったという感じがぬぐえない

バンプ値が+2000だとかなりの豪アタッカーになっていた可能性があるので+1000はいいかもしれないが、
やはりそうするのであれば素のパワーが11000は欲しかったところ

総じて惜しいユニットである

のちに現れたサベイジ・キングに出番を奪われがちな感じもあるという極めて不遇なユニットである

しかしながらそのサベイジキングの隣に置くなどすると自然とパワーが上がるためサベイジ・キングと相性のいいという状態のもなっている

お株を奪われがちなユニットと相性がいいというのもまた奇妙な話である

ちなみに私がたちかぜユニットの中で一番好きなユニット
そのイラストは非常にかっこいいです

□再考察その1 環境的問題

以前からライン調整が難しいこのユニットですがその難しさは今も変わらず

13000ユニットが出れば素直にバニラと組み合わせて無調整か
ウォーリアと組み合わせて1退却くらいで18000に持っていけます

そのためライン作りの安定性はありますが1つ上のラインを目指そうと思うと非常に難しいものがあります
21000ラインを作るのに3退却いるというのはやはり酷なものです

とは言え今までと同様の運用方法でいいかと思います

難しいのは難しいですが、詰めの段階でうまく調整すれば結構輝く場面というのは多いものです
実際このユニットに何度助けられたか(実話)

□再考察その2 新規カードとの相性 メイン編

カーネル、ダーク
両方とも退却コストを要するユニットですが、これが結構ギガレックスと相性がいい

退却コストが2とか3といった中途半端な数ではないので一気に上昇できるほか、
それに加えて調整をかければ21000ラインも簡単に組めるお手軽さであります

ウォーチーフというライバルも登場しましたがやはり退却あってこそのたちかぜ
その名に恥じぬパワー上げをしてくれるようになったため以前よりか使いやすくなったのではないかと思います

ちなみに無調整LB発動だとカーネルは+2000、ダークは+3000です
一応参考程度に

□再考察その2 新規カードとの相性 サブ編

・プテラシリーズ

カーネル軸に入れて同時に並べておくことでバンプ値が急上昇できます

ウォーチーフと違って単独でも15000に届かせれるのはギガレックスならではの利点

・ブラキオシリーズ

相性は悪くないです
どんどん踏み倒して圧縮+バンプアップを両立できますからね

とは言えこの方法は今まで通りCBを使う方法+ブラキオ自身のパワーが低いこと

G1のパワーはギガレックス自身でカバーすることも可能ですが、
G2がやはり足手まといという形になってしまっていますね

□再考察その3 役割状態

人によってこれは意見が分かれるかと思います

一方では高パワーアタッカーとしての役割が十分に残っていると主張する側
一方ではウォーチーフの登場により安定性の高いウォーチーフに軍配が上がると主張する側

この2つの意見が出てくることかと思うので一概に言えませんね


ちなみに私は前者
役割は今まで通り高パワーアタッカーとして運用していくことになるかと思います
ただデスレックス軸には採用の形にならずにカーネル軸に入れての運用になるかなと思います

□まとめ

このユニットは意見の分かれるユニットだと思います

「汎用高パワーアタッカーであるウォーチーフが登場した今このユニットはいらないのでは?」
と思う人も当然いると思うのです

ただ私個人の意見としてはギガレックスのほうがたちかぜらしい戦い方をできるユニットであると思っています

捕食行為(退却)を行ってようやくパワーが上昇する
それがたちかぜだと私は思っているところがありますのでね

とは言えウォーチーフのほうが安定性が強いです

なのでここら辺は個人の好みの問題ですね

最後には好きな方を選ぶのが一番いいのかもしれません


それでは

コメント

こんにちは。
ギガレさんは同じ3弾出身のツクヨミやバロミなどと比べると軽んじられがちな感じがしますが、8弾たちかぜで再評価されそうで楽しみです。コストさえ都合できればロマン火力も狙えるたちかぜらしいカード、いいですよね。
ギガレックスとウォーチーフ、悩み所ですね

自分はラプトル軸にどっち入れるか決められず2:2でいれてみました

確かにウォーチーフの方が安定しますが、詰めの一撃に手札消費して21kラインを容易に作れるギガレックスも頼りになります

悩みますね本当に(--;)
この子を使ってるとダークレックス使いたくなってくるなぁ…
いっそギガレ専用ブーストでも出ればよかったのに(笑)

僕のデッキでは、ダクレとプテラのスキルで+6000や+9000のパンプできるフィニッシャーとして大活躍しています。
〉コメントありがとうございます

どちらかというとバロミたちが強すぎたんじゃないかなと思います
3弾は色んな意味で調整が間違ってしまったような気もしますからね

きちんとコストを確保すれば輝けるギガレックス
これからも使ってあげたいところです

〉ゆずかんさんコメントありがとうございます

ダークレックスのお供には本当に最適ですね
13000になれば13000のユニットにも単独でアタックができるので色々と役になってくれそうです

〉シュンさんコメントありがとうございます

そうですね
専用ブーストなどの「これだ!」といえるような
差別化のキーがあればもっと評価されると思うんですけどね

私のデッキでもアタッカーとして活躍しているのでこれからも使ってあげたいです

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4038位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
293位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。