• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砲撃竜 キャノンギア 再考察

既に考察したことがあるカードでありますが、その時と今とでは結構な扱いの違いがあるはず

なのでもう一度現在のカードプールと照らし合わせての考察をしてみようと思いました

で、再考察シリーズ第1弾はこの人です

砲撃竜 キャノンギア
グレード2 ノーマルユニット たちかぜ
パワー11000 シールド5000 ディノドラゴン
:このユニットがVかRに登場した時、あなたのリアガードを1枚選び、
退却させる。
【V】:このユニットが《たちかぜ》にブーストされた時、そのターン
中、このユニットのパワー+2000。

2弾で登場している現在進行形でたちかぜの中の唯一の素のパワーが11000のユニットです

今回はこのユニットについて再考察してみたいと思います

□再考察に当たって

再考察の目的は以前の環境とどう違ったのか
増加されたユニットとの相性はどうなのか
カードプールが増えたけどそのユニット自身の役割はどうなっているのか

といったところを書いていこうと思っています

何せ新しく出たカードのほうが強力な効果を持っている傾向にあるのが普通です
そうすると今までのカードは使われないかもしれない

しかし役割があればまだ使用することの意味が残りますからね
そういったところを見つけていきたいというのが今回の趣旨です

□再考察その1 環境の変化について

さて前回考察したのが大体5弾環境くらいの時です
5弾といえばマジェ&ジ・エンド&PBOが登場した弾です
あの頃からひどくパワーインフレが激しくなりましたね

その当時このユニットの活躍範囲はというと、
恐らくメガレックスに続いて2番目の使用頻度だったかと思います

デメリット付11000アタッカーとは言えコストがドラゴン・エッグで賄えるため非常に有能な動きをしてくれていました


では現在の環境はと言いますと、
LBの登場によりヴァンガードのラインの異常的なパワーのインフレ化

それに伴ってかリヴィエール型の量産
11000のユニットの増加など素のパワーが高いユニットが割と多く登場してる気がします

そうなってくるとますます単独10000ユニットの出番はありません

なので今まで以上に重要なポジションについているのではないかと思います

13000のクロスライドユニットも8弾で1体追加されますが、それはすなわち11000ユニットも多いということ
そのため11000で単独でアタックができるユニットはこれまで以上に重宝されると思われます

□再考察その2 増加したカードとの相性 メイン編

今回たちかぜにも登場したLB持ちユニット
片方はバインドゾーンからLBを発動する今までにないようなタイプのダークレックス
片方はリヴィエール型連携ライドユニットの最終形態であるラプトル・カーネル

さて今まで使ってきたFVであるユニットのドラゴン・エッグ
彼とのキャノンギアの相性は最早言わずもがなといったところでしょう

では、このドラゴン・エッグというFVを失った場合キャノンギアはどうなるでしょうか

答えは簡単です
以上にアド損なユニットになります
となるとリヴィエール型連携ユニットであるラプトル・カーネルとの相性はよくないということになりますね

貴重な11000アタッカーではあるのですがやはりデメリットはなるべく背負いたくないですからね
とは言え他のカバーできるユニットを大量に仕込めば採用を考えることもできるかもしれません

では前者のダークレックはどうでしょうか
FVにドラゴン・エッグを採用することができます

とは言え彼の場合LBの効果をメインで使うよりもサブで使うことの方が多くなりそうですからね
彼に合わせるというよりもそのデッキの他のグレード3に合わせる形になるでしょう

ですがやはりユニット同士の相性となるとやはり相性はよくないように思えます
ダークレックスのLBは3体退却と非常に重い部分があります

そこに+で退却コストの負荷がかかるユニットを採用しておくとコストが用意しきれなくてアド損になってしまうからです
3体退却する性質上単独でアタックができるキャノンギアは相性がいいのですがコストの競合が難しいところです


□再考察その2 増加したカードとの相性 サブ編

では他のメインではないカードとの相性を見てみましょう

■プテラシリーズ

バトルフェイズ中に退却されると+3000するユニット群
+3000の数値は非常に大きく20000越えのラインを作るのに役立ってくれます

ですが退却されるタイミングはあくまでバトルフェイズ中
メインフェイズに退却行為を行うキャノンギアとの相性はよくないです

メインヴァンガードによっては組み合わせるのもありかもしれませんが正直厳しいかと思います

■ブラキオ配達部隊

相性は良好です

失った分のアドバンテージをその場ですぐ取り返せ、
尚且つデッキ圧縮に貢献するなどできるので非常にいい組み合わせかと思います

問題はブラキオのパワーの低さ
これをいかにして解決するかが採用のカギになるかと思います


とまあこんな感じでしょうか

今回の弾ではあまり優秀な相棒は追加されなかったとみていいというのが全体的な相性評価です

□再考察その3 役割状態

サポートユニットはそこまで増えませんでしたがこのユニット自身の役割がなくなったわけではありません
むしろ増えたといってもいいくらいかもしれません

防御力が高いユニットが結構増えましたからね
キャンギアのように単独で11000ラインを抑えられるというのはやはり強いのです

そのため役割は失われていないとみていいでしょう

□再考察 まとめ

今思うとかなり優秀なのかもしれませんね、このユニット
まあ前から強かったのはあるのですが

勿論他のサポートあってのカードですが11000のパワーの大きさは伊達ではないです

というかこのユニットといいドラゴン・エッグ、スカイプテラといい2弾のたちかぜはやはり核のカードですね
あるのと無いのとでは大違いです

間違いなくこれからも使い続けられるアタッカーでしょうね
実際のファイト中には大切に扱っていきたいところです


それでは

コメント

やっぱり古参のカードを現役で使えるのは良いですよね~
くさゆたさんコメントありがとうございます

新規のカードについていけるようなスペックのカードが残っているっていうのはやはり嬉しいものです
今後も強力なスペックカードが出るかもしれませんが
キャンギアとかそういった個性的なカードは今後も選択肢として残ってほしいものです
1ラプトル型に投入するキャノンギアの枚数に悩んでます

キャノンギア出す時にスカイプテラがいるときはいいんですけどやはりドラゴンエッグがないと安定感は厳しいものがありますね…

そもそもグレード2にいれるユニットの種類がプテラなど選択肢が豊富になってきて大変です( ̄▽ ̄;)
ラプトル軸にキャノンギアは相性悪いと思うのですが

自分のG2はメガレ4 ラプトル4 プテラ3でやってますが今のところ1番安定しています。

ギアを積むなら素直にエッグスタートがいいと思います。
やっぱり抜いた方がいいですよね…

キャノンギア好きなんだけどなぁ、まあたちかぜデッキ二個作ればいいか

ありがとうございましたm(__)m
〉ゆずかんさんコメントありがとうございます

ラプトル軸に投入する枚数はあっても1,2枚程度ではないかと思います
やはり卵とプテラが無いとカバーがしにくいというのは厳しいですからね

そしてG2ユニットの選択肢の増加
あると嬉しいですがやっぱり迷いますよね

とは言えこれで個性的な構築が結構見えてくるのではないでしょうか
私はそれが楽しみですね

〉みかづきさんコメントありがとうございます

そうですね
キャノンギアを採用する場合は卵スタートがよさそうです

とは言え一応他の選択肢もある……かもしれません
まあカバーできないときは苦しくなってしまういますけどね(笑)

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
239位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。