• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たちかぜの【新】汎用能力

サベイジ・ウォーチーフ
グレード3 ノーマルユニット たちかぜ
パワー10000 シールド無 ヒューマン
【V/R】:このユニットが《たちかぜ》にブーストされた
時、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。

ベビー・プテラ
グレード0 ノーマルユニット たちかぜ
パワー4000 シールド無 ディノドラゴン
:他の《たちかぜ》がこのユニットにライドした時、このカードを
Rにコールしてよい。
【R】:[CB(1),このユニットをソウルに置く]あなたの山札の上から5枚
まで見て、グレード3以上の《たちかぜ》を1枚まで探し、相手に見せ、
手札に加え、その山札をシャッフルする。


後者はともかく
前者に関しては私の願いは届かなかったようですね

というわけで今回はこの2体の考察です


□ウォーチーフについて

恒例の+2000サイクルでありますね
条件はブーストされたときに発動という形になります

……しかしですなあ
食って初めて強化できるたちかぜにとって彼の存在は極めて邪道とも言えるでしょう

ですがこだわりだけで候補から外すことは結構厳しいです

そこで他のリア向けのアタッカーと比べて考えてみましょう

■対ギガレックス

実は今回のサポートの存在により
これまでにないくらいギガレックスが使いやすくなっているといっても過言ではありません

特にラプトル・カーネルの存在は大きいです
アタック時のLB効果により2体退却を要求します

そのおかげで自然とパワーが+2000されるわけです
勿論ブーストなしでもアタックできるというのも大きいです

またダークレックスのLBは3体の退却コストを要求してきます
こちらの場合もLBに居合わせた場合+3000の恩恵を受けることが可能です

これによって8000を絡めると21000のパワーまで到達することができるわけです
これはウォーチーフには無い利点でありますね

カーネルのLBに関しても調整をすることで21000ラインに届かせることができます
これがギガレックスの魅力といったところでしょう

とは言え平時ではやはり分がウォーチーフにあります
ここは爆発力か安定性かのどっちをとるかにもよりますね

■対サベイジ・キング

退却コスト+SBによりパワーを上昇させるサベイジ一族の王様
基本的には効果を2回使い15000のパワーを単独でたたき出せるというのがメリットです

後ろに6000以上で21000を超え、8000を置くと23000にまで手が届くのはすさまじいメリットであります
これは他のユニットには簡単にまねできない特徴でありますね

とは言え素のパワーが9000と安定性に欠け、
ソウルをコストとして追加要求してくるためどうしても使いやすいとは言えません

なのでやはりこちらもギガレックスと同様に安定性か爆発力かのどちらかを選ぶかにより変わってくるわけですね

□考察結果

ギガレックスにもキングにも未来は残されているとみていいでしょう

そもそも+2000の常として21000を中々超えることのできないという弱点があります
これに関してはクランごとによって多少変わってきますが、基本的にバニラと合わせて20000を狙う人が多いでしょう

結果的には退却を絡めることができなければ21000以上を作り出すことができませんからね
これにより十分な差別化を図ることができます

後は本人の好みによっても変わってくるかもしれませんね

□ベビー・プテラについて

おなじみの汎用FV
今回は(実質)手札になければ使うことができないダークレックスをサーチする
という意味合いでも十分な性能を持っています

ダークレックスは終盤になるとCBを使ってきたりするのでFVをドラゴンエッグにし
後の49枚の枠組みの中に入れるという選択肢もあります

こちらのユニットに関してはどの軸い入れるか迷いますが、
ダークレックスを入れるのであるならば是非とも採用したいところです

□FVのパワーの低さ

ちなみにたちかぜのFVのパワーはすべて一律4000となっています
下手売ってアタックヒット時の能力のトリガーとならないように取扱いには気を付けて使いましょうね

□まとめ

しかしたちかぜらしさをモットーとするならば+2000サイクルのウォーチーフはあまり選びたくないですね
これに関しては後々考えていきたいところです


それでは

コメント

ダークカーネル軸で回してみましたが、かなり強いデッキだと思えましたね。
ココサクヤ2勝オバロジエンド3勝となかなか良い成績でした。
プテラは再ライド時の破壊竜に+3000などができるのが強みですね。
実際に16kでアタックすることもありましたし
何よりヒットしなかったというのが強い。

たちかぜのRRRですが判明しているRRRのNo.的にないことが確定してしまいましたね。
ですが今回の弾で『安くて強い』が実現したような気がします。
できれば互換カードの部分を別の物にして欲しかったですが
みかづきさんコメントありがとうございます

汎用能力でパワー系はちょっと出てほしくなかったですね
できれば他のものにしてほしかったというのが本音です

後はエルモ系でもいいから手札交換系ユニットも欲しかったです
結構入れ替えをしないと困るという場面がたちかぜには多い気がしますからね

少し残念です

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
151位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。