• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒竜ブラストザウルスについて

怒竜 ブラストザウルス
グレード3 ノーマルユニット ディノドラゴン
パワー9000 シールド無し
自:[あなたの手札から1枚選び、捨てる]このユニットがRからドロップ
ゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から
「怒竜 ブラストザウルス」を1枚まで探し、Rにコールし、その山札をシャッ
フルする。

3弾で登場したたちかぜのグレード3のユニット

自身が退却した時に、別の自分をデッキからコールする能力を持ちます

今回はこのカードについて考察していこうと思います このユニットの特徴として挙げられるのは

・バトルフェイズ中に退却させることで、連続攻撃ができる可能性がある
・デッキを圧縮することができ、デッキ内の不要なグレード3が減らせれる
・コストとしてCB、SBを使用しない

の3つがメリットとして挙げられるかと思います

1つめはスパイクブラザーズのような連続攻撃を行うことができる点

スタンドトリガーを絡めず4回目の攻撃ができるのは優秀です

バトルフェイズ中の退却は、デスレックスの効果で比較的簡単に行うことができます

2つ目はデッキ圧縮です

このユニットとブライトプスなどを組み合わせることで、さらに圧縮をすることができます

3つ目はコストの問題

CBを使わない点に関して言えば、スカイプテラやドラゴンエッグ。果てはブライトプスなどのCBを使いたいユニットとコストが被らないという点がいいところですね


ただ欠点も多いです

・単純にパワーが低く、単体で攻撃が通らないこともある
・デッキに複数枚用意しなければ効果を発動することができない
・手札がどんどん消えてしまう

自分的にはこの3つが欠点だと思います

2つ目はデッキ圧縮ができる回数が増えると考え、3つ目はドロートリガーで緩和することができます

ただ1つ目の欠点はかなり厳しいです

仮にデスレックスの効果で退却でき、2回目の攻撃ができるようになっても相手のトリガー次第で攻撃が通らなくなってしまいます

トリガーが無かったとしても単体だとまともな攻撃ができません

自分的にはこういったデメリットの方が強く感じているため今までデッキに採用したことはありません

パワーと連続攻撃

あなたはどっちを取りますか?

コメント

G3でパワー9000ってのもちょっと微妙なところですよね。
4積みでもしないと手札に引きすぎてデッキから出せなくなりますし…。
そうなんですよね
デメリットの方が目立つような気がしますね

連続攻撃は魅力的なんですけどね

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4701位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
326位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。