• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破壊竜 ダークレックスについて

破壊竜 ダークレックス
グレード3 ノーマルユニット たちかぜ
パワー10000 シールド無 ディノドラゴン
【バインドゾーン】LB(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[あなたの《たち
かぜ》のリアガードを3枚選び、退却させる]あなたのグレード3以上の《たちかぜ》の
ヴァンガードがアタックしたバトルのクローズステップ開始時、そのバトル中、アタック
がヒットしていなかったら、コストを払ってよい。払ったら、このカードをライドする。
【手札】:[このカードをバインドする]あなたの《たちかぜ》を1枚まで選び、その
ターン中、パワー+3000。

恐らくはたちかぜのLB持ちは8弾ではカーネルだけだろ、と皆思っていたことでしょう(私も思っていました)

しかしそんなことはお構いなしにと現れた2体目のLB持ち


今回はこのユニットについて考察してみたいと思います



□まだ、足りんな・・・・・・お前も、喰わせろ!

スペリオルライドの能力を持ったこのユニット

しかしながらそのタイミングはバトル中、しかもクローズステップ

一目見たら意味不明な能力ですが、賢明な皆さんであればご存じだと思います

そうです、ヴァンガードに置かれるカードはすべてスタンド状態で置かれる
そういったルールがあります
恐らく7弾で登場したペリノアのスキルから調べた人も多いのではないかと

今回のダークレックスも基本的には同じような使い方になりますね

ただ登場の方法、コストなど違うところも多いですがね


ダークレックスのスペリオルライドの代償は3体のリアガード
かのデューク様、PBDを彷彿させるようなコストです

しかしながら今回はCBが不要です
そのためリアガードの数が続く限りスペリオルライドを繰り返すことができるわけですね

またスペリオルライドでスタンドするためツインドライブも複数回行えることになります
そのためアドバンテージ上はそこまで減ることがないかもしれません

むしろドラゴンエッグやスカイプテラといったユニットを用いることにより逆に手札が増えるなんてこともあるかもしれません

そのため非常に有能性のある強力なスキルといえるでしょう

□問題は……

しかしこのユニットのLB
かなり曲者です

何せこのユニットがバインドゾーンにいることが条件ですからね

とは言えバインドゾーンに送る方法はこのユニットが持つもう1つの効果
自軍たちかぜのパワーを1体+3000させるスキルがあります

その効果を使えば無駄なくバインドすることができ、尚且つパワーを上げることが可能になります


ですが他にも問題点はあるのです
今ある問題点を挙げると、

・他のグレード3にすでにライドしておくこと
・リアガードではバニラになってしまうこと
・それどころかヴァンガードでもバニラになってしまうこと
・軽減してもやはり重いコスト

でしょうか

グレード3のユニットにライドしておくこと
簡単ですが、最初マリガンをする際に事故を減らさなければいけません

そのため他のグレード3と一緒にこのユニットがいることができるかどうか分かりません

またバニラになることが痛いです
リアガードではたちかぜのユニットは基本バニラになることが多いですが、このユニットに関してはヴァンガードでもバニラになってしまいます

現在の環境だとバニラでは結構厳しい場面が多いです
そのため攻撃力不足になることもあるかもです

なので扱いはかなり難しくなることでしょう

□怒竜出陣

相性のいいユニットとしてあげられるのは退却時に手札を捨てることで自身の同名カードを場に出す怒竜軍

今まではパワーの低さ、手札の損失などから敬遠されがちでしたが今回ダークレックスという相性のいいユニットが登場したため前よりも格段に使いやすくなったのではないかと思います

そもそも怒竜が使いにくい理由として手札の損失が激しいというのが一番ではないかと思います

しかし今回はダークレックスのおかげで手札をツインドライブで補充しながらトリガーのパワーを怒竜達にのせアタックを可能とするコンボができるようになったため手札消費を最小限に抑えながら戦うことができるようになったのではないかと思います

とは言えG3怒竜とダークレックスはお互いにヴァンガード向けの能力でないことが問題点ですね
ヴァンガード向けでないだけあってかパワーが一切上昇しないためこの2体だけの投入はかなり厳しそうです

これはデッキビルダーとしての腕が試されるような組み合わせになりそうです

□他にもいけるよ!

そもそもこのユニットのLBはCBを消費しないため色々な軸のたちかぜデッキに入れても活躍できるのではと思います

このユニットを手札からバインドするだけで+3000のスキルはやはり便利
今まではそのポジションはスレッジアンキロの役目でしたからね

これはライン作りがより簡単になりそうですね


……意外と必須なのかもね

□まとめ

レアティもRRと集めやすいダークレックス
これは面白いことができそうと期待が高まります

しかしあくまで活躍は補助になるかな?
しかし軸としてもまた面白いです


それでは



さて私は何と組み合わせようかな……

コメント

今までにないタイプですね、バインドゾーンからですか…

使いこなすのは難しいと思いますが上手く使えれば暴れてくれそうですね!

しかし…RRRのたちかぜは出るんでしょうかね…?( ̄▽ ̄;)
ゆずかんさんコメントありがとうございます

今までにないようなトリッキーなカードなので使いこなすのは難しそうですが、使いこなせばいい感じに動いてくれそうないいカードですよね

色々なユニットとの相性がよさそうなので是非とも使いたいところです

もしかしたらRRRのたちかぜのカードは出ないのかもしれませんね
LB持ちもすでに2体出ていますからね

出るとなるとサポート系の能力になるかもしれませんね
たちかぜにとんでもないのがぶち込まれましたね。
引8枚で手札増やしてディノカオスにスペリオルライドしてそこからさらにスペリオルライドとかしたいですね(笑)

とにかくたちかぜらしい豪快な退却ですね、楽しみです。
くろぬこさんコメントありがとうございます

スペリオルライドからのスペリオルライド
面白そうではありますが、それだと異常なほどにコストがかかるので厳しいかもですね

退却コストに見合った素晴らしい能力だと思います
是非とも活用したいところです
ネオネクのカードでも発表れるのかと思い今日のカードを見てビックリしましたね。

まさかのたちかぜのLB持ちですからね
ましては構築のしがいがかる癖の強いスキル
いいカードを与えてくれたと思います。

今回の破壊竜ですが、どういった考えで出したのかが問題になりますね。
怒竜など既にあるカードで回してくれと出したのか、それとも別に補助カードが出るのか

気になるところですがかなり面白いデッキになってくれそうで良かったです。
みかづきさんコメントありがとうございます

私も別のクランのカードが公開されるのかな、と思っていたところにこれでしたからね
嬉しい不意打ちでありました

癖がありますがかなり便利な性質を2つも持ち合わせているので
ここぞという時に使って勝負を決める感じで使っていきたいところです

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2909位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
215位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。