• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラプトル軸たちかぜ構築研究 その1

先日発表されたラプトルシリーズのユニット
それを軸にするとなるとデッキ構築はいかがなものになるのか

しばらくはそれについて書いていこうかと思います

ただ現状ではトリガーやその他新規ユニットが一切合切公開されていないため満足のいくレシピにはならないと思うのでご了承ください


□ラプトルを活かす戦い方

ラプトルシリーズはリヴィエール型の連携ユニット
そのためFVは当然のことラプトル・ソルジャー
そして各グレードのラプトルを4枚ずつ入れることになります

基本的なリヴィエール型のユニットと違いペルソナのユニットではないためカーネルに限っては4枚を絶対に入れる理由もないのですが、やはりグレード1のサージェントにライドした時のサーチ能力を確実のものにしたいため4枚投入します

ここまでは普通のリヴィエ型の構築と同じです

ではそれ以外をどうするか

それが問題なわけです

□デメリットを打ち消す戦い方

たちかぜのユニットには退却コストを要求するユニットが数多く存在します
デスレックス、キャノンギアなどがそれの筆頭に上がりますね

一部はデメリットとしてではなくパワー上昇のためにコストを用いるものがあります
サベイジ・キングはそれにあたりますね

で、退却コストを要求するユニットの中でカーネルは後者に当たります
退却を要することでパワーを得るタイプです

勿論退却させることは簡単なわけであり、パワーが上昇することはいいことなのですが、
無計画に効果を使い続けると逆に自分の首を絞めつける結果に終わってしまいます

そしてたちかぜにはそれを緩和する能力を持ったユニットがいます
スカイプテラ、ドラゴンエッグなど皆さんも日々お世話になっているユニットですね

カーネルも退却コストを要求するためこれらのユニットにお世話になるかと思われます

ですが、カーネルの場合2体のユニットのパワーの部分を参照するため退却コストにするユニットの質も求められます

なので今まで使ってきたドラゴンエッグはカーネル軸には少し厳しいかもしれません

ここはスカイプテラやグレード2でパワーが9000あるブライトプスなどを活用してパワーを上昇させつつデメリットを軽減させて立ち回っていきたいところです

□デッキレシピ

とりあえずプロキシーを用いて組んでみました

・グレード3
軍竜 ラプトル・カーネル×4
暴君 デスレックス×1
餓竜 ギガレックス×2

・グレード2
軍竜 ラプトル・キャプテン×4
餓竜 メガレックス×3
突撃竜 ブライトプス×3

・グレード1
軍竜 ラプトル・サージェント×4
ソニックノア×4
アークバード×3
翼竜 スカイプテラ×3

・グレード0
砲撃竜 スレッジアンキロ×4
草食竜 ブルートザウルス×4
ブラックキャノン・タイガー×4
サベイジ・シャーマン×4
軍竜 ラプトル・ソルジャー(FV)
鉄壁竜 シールドン×2

トリガーバランス
引8:✡4:治4:醒0


とりあえずはシンプルな形にしました

トリガーに関しては現状クリティカルが1種しかなく、2種類あるのはドロートリガーのみ
かてて加えてカーネルのLBの性質上相性が最悪なスタンドトリガーは採用することができないためドロー8積みの形となってしまいました

正直なところ防御面で不安が大きいですがそのあたりはシールドンがカバーしてくれると信じましょう

ちなみにグレード3に関してですが、まず主役のカーネルを4枚
これで確実に手札に持ってこれるようにします

そしてサブヴァンガードにはデスレックスを入れます
これにより万一カーネルライドができなくとも十分なパワーで戦うことができるでしょう
ただドラゴン・エッグがFVでない以上スカイプテラなどを確実に手札に引けるという確証がありません
できることならデスレックスライドは遠慮したほうがいいかもしれません

リアガード向けアタッカーにはギガレックスを採用しています
アタック前に調整し、LBを使うことにより、「ついでに」パワーが上昇します
これによりソニックノアと組み合わせると21000を作れるので私は採用しています


グレード2に関してはキャプテンを4積みとバニラのメガレックス、シールドンを持ってこれるブライトプスを採用しました

アタッカーとして非常に心強いキャノンギアは今回ドラゴンエッグが無いこともあって採用を見送りました

バニラであるメガレックスは単体で十分機能してくれる上、カーネルの餌としても十分なパワーを持っています
ブライトプスは手札のガードを増強しつつ9000上昇の糧となります
地味にデッキ圧縮ができるのもいいところですね


グレード1はサージェントを4積み
他はバニラのソニックノアを4積み
手札に帰ることができるスカイプテラを3枚、完全防御のアークバードを3積みにしました

正直スカイプテラを3枚にすると確実に引けるかどうかが不安が残りますが、
そこはドロートリガーを多発させてカバーしたいところです


といった感じでとりあえず組んでみました

ですがあくまでカーネルの戦い方を知るみたいな目的で作ったものなので実践ではどうかなと思います
レシピに関しては対戦を重ねて微調整したいと思います

要研究が必要ということですね


しかし楽しくなってきましたぞよ

新しいたちかぜのユニットであるラプトルシリーズ
その可能性を今後どんどん見つけてあげたいと思います


それでは

コメント

クロトです。

今、情報が公開されている中ではこの構築が妥当でしょうね。
確かに、カーネルを4枚採用というのはいいと思います。余ったら、Vのカーネルの時に退却して
10000のパワーを得て、その開いた枠にグレード2とかを置く感じで圧縮に使えばいいかと。
それに、引けないとデスレックスだと歩が合わないですよね。それとクリティカルトリガーがもう1種
増えてほしいですよね(出ると思いますが)プレッシャーが余計に強いですし、ドロー6クリティカル6、
ヒール4という感じでいいんじゃないでしょうか。(ドロ4でもいけるかもしれませんけど)
まだ、自分もなんともいえませんがこれから出て来るユニット次第ですしね。
カーネルとあったようなユニットが出て欲しいです。それと構築の形が後1種増えると考えると、
そちらも興味がありますね。(出るかは分かりませんが)

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4730位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
321位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。