• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイブルゲイザー・ドラゴンについて

ネイブルゲイザー・ドラゴン
グレード3 ノーマルユニット アクアフォース
パワー10000 シールド無 ティアードラゴン
【V】【LB(4)】(あなたのダメージが4枚以上で有効):[CB(2)]そのターン
中、このユニットのパワー+3000し、【V】:このユニットのアタックが
ヴァンガードにヒットした時、そのターンで3回目以降のバトル中なら、あなた
の《アクアフォース》のリアガードを2枚まで選び、スタンドする。』
を得る。
【V】:このユニットがアタックした時、そのターンで3回目以降のバトル
中なら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

ついに判明したアクアフォースのエースユニット

今回はこのユニットについて考察したいと思います □碧き竜の嘆きを聴け!

以前発売された初のLBテキストを持つユニットが収録されたトライアルデッキ
銀狼の爪撃、雷竜の鳴動

その時に収録されていたエースユニットは互いに+5000バンプの能力+登場時に
CB2で何かしらのアクションを起こすというものでした

今回はそれとは違い、普通にエキスパンションに収録されているようなテキストの能力です
そのためか以前のそれと違いより濃厚にクランの味が出ているようにも思えます

それを簡単に表しているのがパワー上昇能力ですね

これまでに今日のカードで登場してきたカードと同様に、ヴァンガード時限定ではありますが、
3回目以降にアタックすることによりノーコストのパワー+3000効果を得ることができます
+3000の効果は言わずもがなとして強力であり、尚且つそれがノーコストで実地できるのだから素晴らしいものです

そしてLBの能力もそれに連動するものとなっているのです

□海軍式リミットブレイク!

このユニットの持つLBは起動効果で発動します

それは能力の一時的な追加+3000バンプ能力です
まるでドラゴニックカイザーヴァーミリオンみたいですね

しかしこちらのコストはCB2と2回放てるほどの軽さ

そしてその肝心の効果というと、
なんとリアガードのアクアフォースを2体スタンドさせるという効果

つまり1ライン、または非力ながら2ラインを再度作成することが可能というわけです
よって最大5回の連続攻撃を実現することができます

この5回の攻撃がいかに強力なものかということはあのスパイクブラザーズの手により思い知らされたはず

このクランには(今のところ)スパイク程のパワーは無いものの、
ユニットの数を減らすことなく連続攻撃が見込めます

そのため攻撃に失敗しても返しのターンで生き残る確率はスパイクブラザーズ以上のものとなっているのです


……ですが、そこまで強力な効果である以上デメリット(というかそれに等しいもの)がやはり存在します

それはアタックがヒットしなければ効果が起動しないということ

一見普通のことかもしれませんが、今までのLBはそれがなかったのです
全てのLBが条件さえ整っていれば自分の使いたいときに使うことができました

しかしながらこのユニットが相手により干渉されない範囲は効果の追加部分のみ
肝心のスタンド能力はアタックをヒットさせなければ使用することができないのですね

よって効果の発動に確実性が非常に見込めないユニットとなってしまっています

まるで以前にも同様の現象が起きたアンバードラゴンみたいですね
(ちなみに私アンバードラゴン好きですよ。そこらへんはあしからず)

しかしアンバーの時に効果が発動しなさすぎる(攻撃が通らない)ことを学んだのか、
このユニットにはその攻撃を通りやすくするべくパワー上昇効果が2つもついています
これは嬉しいですね

このパワー上昇能力をうまく生かすことで攻撃を通しやすくなっているのはいいですね

□問題はトリガーとの組み合わせ

さてこのユニット
前提として3回目にアタックすることが基本となっています

となればここは従来のクリティカル偏重構成よりもスタンドを幾分か絡めた構成のほうが輝くと思うのです
というかそうでもしないとコーラルアサルトとかそこら辺のユニットが全く意味をなさなくなってしまいますからね

今までトリガーはクリティカル一択、と言っていた方もこの機にスタンドに注目してみてはどうでしょうか?
(ちなみに私はスタンド偏重型でクリティカルは1,2枚程度にすると思います)

□結論

スタンドが大好き!だけどノヴァグラップラーを使うのはちょっと苦手だという方には是非ともお勧めしたいユニットですね

効果が発動するかどうかは相手の出方次第にもよりますが、
それでも大きなプレッシャーをかけることができるいいユニットだと思います


まだアクアフォースには判明していないユニットが数多くいるのでそのユニットたちの情報が出るのが楽しみですね

個人的に気になるのはアルゴスさん
スリーブにもなるくらいですし何か重要なポジションであることは間違いないはず

今後が気になりますね


それでは

コメント

黒兎は最終的にクリ6醒6にする予定です。
ブースターでクリティカルと覚醒が収録されればですが・・・

覚醒も強いけど、状況を選びますからね。
オールマイティーに使えるクリティカルに軍配が上がるのも仕方ないです。
黒兎さんコメントありがとうございます

そうなんですよね
現状スタンド押しのアクアフォースとは言え、確実なスタンドができるわけではない以上クリティカルを優先せざるを得ないという悲しい状況になっています

ここで「スタンドされたときにパワーアップする」というテキストよりも、
「スタンドされたときにドローする」みたいな効果でもあればスタンドを多く採用する人も増えてくれるのでは、と思いますね

とは言えドロー能力はやりすぎな感もありますがね

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3070位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
215位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。