• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

+2000サイクルとどう向き合うべきか

+2000サイクル

若干の条件は付きますが、
ノーコストで+2000される非常に強力な効果です

しかし元来よりリアガードのパワーも比較的高くすることができるたちかぜにとってみると一体どういう存在なのでしょうか

今回はそれについて個人的な見解を書いていこうと思います

□新しき兵士と脅える者

+2000サイクルの有能なところはパワーが簡単に上がること
そしてそれに伴うコストが必要ではないということがあげられます

それ故に様々なクランに登場し、
尚且ついろいろな方のデッキでこのようなサイクルのユニットを多数見かけます

しかしそれらのユニットの登場と共にリアガードのアタッカーとしての
立場を奪われそうになってしまっているユニットが何体か存在しています

私の使うたちかぜには+2000サイクルはまだ登場していません

しかし不安に脅えるユニットが1体

その名も餓竜ギガレックス
私の愛用しているアタッカーであります

□餓竜と王

餓竜ギガレックス

彼は3弾にて登場し、以降たちかぜのリアガードのアタッカーとして戦ってきました

そんな彼にはサベイジ・キングというパートナーでもありライバルともいえるアタッカーがおり、
そしてそんな彼と共に戦ってきました

キングのパワー上昇値は+3000
これは結構高い部類に入ってきます

一方のギガレックスは+1000
これはかなり低い方に入ります

そんなライバルであるキングと共に戦ってこれたのはコスト面が被らなかったためです
またキングのコストがソウルであったため限りがあるのに対し、
ギガレックスには退却以外のコストがありません

よって彼らは共に歩んでくることができたのです

□変わりゆく時代

しかしそこに+2000サイクルのユニットが出てくるとどうなるでしょうか

コストがいらない、単独でも優秀な動きが可能な彼らが登場するとなってしまうと
実質CB2で+2000の餓竜からすれば悪夢でしかありません

そしてこの+2000サイクルもキングとコストが被らない
いや、コストがそもそも必要ないのです

であるならばその+2000サイクルを使わないという手がなくなってしまうのです

さらに下手すれば「安定性が低いから」という理由からキングも採用されなくなってしまう可能性もある現状です

簡単にパワーが上がるのは嬉しいことですが、どこか寂しさを感じてしまいます

□時代に負けない強さを求めて

しかしキングには単独15000アタッカーとして運用がしやすいという利点から
今後も積極的に使われていくことになるでしょう

問題はギガレックスの方です

現状+2000サイクルが登場してしまった場合、
彼を採用する利点があまりありません

それどころかキャノンギアのような退却を絶対に必要とするユニット
を採用しやすくするメリットの方が増加するかと思われます

となると必要になってくるのは彼を採用するに値する理由です

そう、彼にしかできないことを見つけなければいけないのです

そしてそのための希望が今見え始めています

それがリミットブレイク!!です

□限界を超える力

以前にも書いたことがあるのですが、
最近注目しているLB持ちのユニットがいます

それはドラゴニック・ロウキーパー
LBの能力と既存のリアガード向けの能力をヴァンガード専用能力として持つユニットです
そしてその2つの能力は非常にシナジーの噛んだものと言えるのです

まず通常はリアタイプの効果を使って戦い、
終盤はLB能力でそのリア向け能力を補助し戦うというもの

そしてこれと同じようなLBを持つユニットがもう1体
それは看護師長シャムシャエル

ロウキーパーの効果とは全くの別物ですが、系統的には全く同じものと考えています

こちらもリア向けとLBでリア効果を補助しつつアタックする効果を持っています


で、これらのユニットにはそれぞれ元となるユニットが存在します

デュアルアクス・アークドラゴン
不死鳥カラミティフレイム

彼らは元々あまり使い勝手がいいとはいえる状況にありませんでした
それらを使うくらいであれば他のアタッカーを採用したほうが安定性があり実用的といった感じでありました

しかし上記のLB持ちが登場してからは評価が一変
優秀なアタッカーとして採用されることが多くなりました


私はこれがギガレックスにも当てはまるのではと思っています
ギガレックスはお世辞にも、そして残念ながら扱いやすく優秀なアタッカーとしての分類には属しません

しかしこのようなユニットが登場すれば評価は一変します
ハズレRRRという不名誉な烙印も消えることになるでしょう

私はその希望が現実になることを切に願望したいです

□元を辿れば

そもそもこんなギガレックスの立場が危うくなりかけているのは+2000サイクルが
ホントにどのクランにも登場してしまっているからなんですよね

今まで(はっきり言って)パワーとは無縁なペイルにさえ登場している始末

またガチムチパワークランなダクイレにも登場しております

しかしリアガードのパワーが低いクランにも次々現れていることを考えると
この+2000サイクルはリア強化の救済措置とも考えられます

ですがこの+2000サイクルが何の考えもなしに増加しているのであればそこには異を唱えたいところ
そう特にたちかぜに出るとならばこれに関しては何の考えもなしと言わざるを得ない気がするのです

今までのたちかぜは退却することでパワーを得ています
例外としてアンキロがいますが、彼は自身を犠牲にしているため結局のところ餌という役割に近いです

しかしそれ以外は退却行為を行った者のみが高いパワーを得ています
キング叱り暴君叱り

そこに何もせずにパワーを+2000するようなユニットが現れるとなれば少し、いやかなり悲しいです

出すことは決して悪いことではありません
選択肢の幅が広がってデッキタイプが増加することになりますからね

しかしそのせいでクランの特性が日陰に行ってしまうようなら選択肢が広がらなくてもいいのではと思ってしまいます


今度発売される予定の8弾

恐らく私の予想では+2000サイクルは殆どのクランに増加されます
勿論たちかぜにも

となるとギガレックスのカバーになるような、
そんなユニットが登場してくれることを切に待ち望んでおります

今後に期待したいですね


それでは



ホントギガレックスの立場を持って行った、だけにはしないでくれよブシロード……

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
5633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
416位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。