• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルモ軸ゴルパラデッキ改良案

7弾の発売までもう少しとなりました

私が持っているデッキの中で今回強化されるものというとゴルパラとペイルでしょうか

というわけで今回はそんな新しいゴルパラを使い、
今まで使っていたガルモ軸を改良してみたいと思います

□デッキレシピ

ガルモ軸ハイランダーゴルパラ

・グレード3
大いなる銀狼ガルモール×4
ギガンテック・デストロイヤー×2
灼熱の獅子ブロンドエイゼル×1

・グレード2
神技の騎士ボーマン×3
災厄の魔道士トリップ×3
守護聖獣ネメアライオン×1
すれいがる・ソード×1
ギガンテック・コマンダー×2
ロップイヤー・シューター×1(New!)

・グレード1
美技の騎士ガレス×4
光輪の盾マルク×3
すれいがる・ダガー×3
断崖の旋風サグラモール×2
ちゃーじがる×2
真実の聴き手ディンドラン×1(New!)

・グレード0
スピーダー・ハウンド×2(New!)
武器商人グディオン×2
グリーティングドラマー×3
フォーチュンベル×1
エリクサーソムリエ×3
フレイム・オブ・ビクトリー×4
サイレント・パニッシャー×1
春風のメッセンジャー×1(FV)(New!)

トリガーバランス
引4:醒4:治3:✡5

(New!)って書いてある奴は7弾収録のカードたちですね

今回はペリノアの採用は見送りました
やはりガルモ軸でありますし、
ペリノアを使うのであればスペリオルライドも狙うためにスペリオルコールの手段を充実させたいですからね

□ハイランダー……?

ハイランダー
私の認識だとTCGにおいては1枚積みばかりしかないデッキという解釈があります

このデッキはそのハイランダーまでとはいきませんが、
トリガー、主役のガルモール、ガレス(G1バニラ)を除いて割とばらけている構成になっています

何故このような構成にしているのかというと、
ガルモールの能力は確定スペリオルコール能力
なので自分が今一番持ってきたいやつを持ってくることができるんですよね

そのため色々なユニットを置いておいた方がいいだろうということでこのような構成になってしまったんですよね

□今回の改良点

ディンドラン
彼女はやばいです

正直今まで役に立っていたシルバーファングウィッチの居場所を丸ごと奪いかねないほどの強さ

コストが軽くパワーも6000に
条件こそ付きましたがガルモ軸にはあってないようなもの

流石に手札に来れば腐りますがその時はまた別のユニットを出せばいいだけの話

よって普通に強いんですよね

あとコストが軽くなったことにより、ちゃーじがるとの併用が非常に楽になりました

これまではウィッチの効果を使うとソウルがあと1枚になり、
結局完全ガードで止まってしまい次を打ちたいけど無理、という状況がよくありました

しかしこのユニットであればちゃーじがるの効果が2回使える!
なので今回地味にちゃーじがるの枚数も増えてます
リアのラインでも強いのであまり腐らないですからね

非常に便利です

そして春風のメッセンジャーとイヤーシューター

彼らは条件こそ違いますが、
スペリオルコール能力を持っています

数こそ増えませんが質を高めるその性質は面白く、
尚且つ役に立つ能力ではないかと思い今回一枚投入を検討中

メッセンジャーはゴールドパラディンらしいFVユニット

個人的には汎用FVは事故率を下げられるので重宝していますが、
こういったクラン特性を表すようなユニットのほうが面白い動きをしてくれるので今回採用の形になりました

ただこれでやってみて事故率が上がるようであればクロンに戻すかもしれないけど

□まとめ

6弾環境のゴルパラで組んだガルモ軸だとどうしてもロイパラっぽさがなくならなかったけど今回のゴルパラが登場したことによってよりゴルパラらしさを追求することができる形になったかな?

発売まであと1週間となった第7弾
私は微調整くらいですが、
他の人は結構大胆な改良を行う人もいるはず

そんな改造したデッキと早いうちに戦ってみたいですね

それでは

コメント

こんばんは。
他のTCGで言うところの「シルバーバレット」という戦略ですね。
《大いなる銀狼ガルモール》の能力を活かせば、
デッキに1枚のカードを必要に応じて呼べるのが便利だと思います。

私も《ロップイヤー・シューター》や《真実の聴き手ディンドラン》は、
《ガルモール》軸で使ってみたいなと思っています。
特に《ロップイヤー》は、序盤の盤面がガラ空きの時に、
ドロートリガーのユニットをコストにすれば使いやすそうです。
なつきさんコメントありがとうございます

今までこのデッキを使ってきてアタッカーが序盤に並ばないこともたまにあったのでロップイヤーの登場は私にとって朗報でした
コストとして手札がなくなってしまうものの、質のいいカードに変えられる可能性もありますからね

ディンドランは最早ガルモ軸にとっての最高のパートナーだと思います
以前のウィッチも使いやすかったですが、パワーが5000であったこととソウルを2枚消費するのが痛手でした

それのコストが下がってパワーが上がり、尚且つ役割が同じなら使わない手はありませんね

早いとここのユニットたちを入れて回してみたいです
こんばんわ。ムクドリと申します。
いきなりで申し訳ないのですが相互リンクをお願いできないでしょうか?
もしよろしければ連絡ください。
ムクドリさんコメントありがとうございます

こちらこそリンクありがとうございます
今後ともよろしくお願いします

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1874位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
131位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。