• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たちかぜ、ラインの組み方

たちかぜはラインを作る際見た目によらず細かい計算が必要になってきます

ギガレックスやウォーリアの配置位置、設置タイミング、退却のタイミング
それらを逐一計算していかないと無駄なパワーアップにつながってしまうわけです

今回はそんなライン計算について書いていこうと思います

□ユニット設置

相手のパワーによっても変わってくるのですが、
最近は10000、高くても11000のユニットが多い環境になっていると思います
なので仮想の敵は11000のユニットとしましょう

相手が11000だとラインを組むのは割と簡単です
特にデスレックスの後ろに6000を置けばそれで21000ラインの出来上がりです
それだけでも十分強いです

ですが、やはり突き詰めるとするならば3ライン21000を組みたいところ

ではそのための手順を書いていこうと思います

まずやることはデスレックスにライドすること
それが必要最低限のラインづくりのための仕事です

デスレックスにライドしなくてもリアガードのラインは簡単に組めるので絶対に必要というわけではありませんが、
ライドしているのとライドしていないのとでは全く違います
なのでデスレックスにライドすることがまず大事ですね

次はギガレックスとキング先生を設置します
ただキングに関しては中盤は能力をあまり使用したくないので、
なるべくグレード2を配置して時を待ちましょう

キング先生はその非力さゆえに的になりやすいです
特にクロスジ・エンドが来ると守りきれなくなってしまい、かつ自分の高パワーアタッカーを消費してしまいますからね
その点を注意しておきましょう

さてギガとキングを置いた後はブースター
ここで候補に挙がるのはウォーリアとソニックノア
前者はギガと同じ能力を持っているので爆発力に優れています
後者は安定のバニラパワーで押すことができます

さてどれの後ろにどのユニットを置いたらいいのか

相手が今回は11000なのでちょっとラインづくりは難しいところ

まずギガの後ろにウォーリアを設置
その後キングの後ろにソニックを設置……と、言いたいところですが、
ここでデスレックスの後ろがスカイプテラorドラゴンエッグでない場合はコールしてはいけません

先にキングの能力を起動しないとディスアドになってしまうからですね

キングの能力はSB1+リア1体退却
お世辞にも軽いコストとは言えませんが、その分起動効果なのでコストがある限り発動を繰り返すことが可能です

まずはそれを2回ほど発動します
この時のコストはエッグかプテラですね
発動するとパワーがギガラインが20000、キングラインが15000ですね
このままだとギガのラインが20000なので11000相手だと意味がなくなってしまいます
なのでもう一度キングの効果を発動したいところですが、
ここで注意が必要です

キングが現在15000
もう1度発動すると18000に上昇します
ここで11000相手に有効な数字に変える際に最もいい数字は8000
つまりソニックノアですね

しかしそれ以外を設置すると25000以下になり、強力ではありますが、少しもったいない数値になってしまいますね
なのでソニックノアが手札にある場合は使用し、ない場合は貼り替えなどをして
ギガのラインのパワーを上げるといった感じにしたほうがいいですね

では今回はソニックノアがあると考えてもう1度能力を起動し、
ギガラインが22000、キングが18000
そしてキングの後ろにソニックノアを置いて26000まで上昇させます

そしてデスレックスの後ろにブースターを置けば21000以上のラインが3つ作れますね


といった具合にやっていくとラインを作ることができます

□しかし……

このライン作りの方法

実質1回限りの手段となっております
基本的に退却をコストとする以上手札をあら消費してしまいます

一応プテラやエッグでカバーこそできますが、
CBは5までしかないので5回が事実上の限度

さらにキングを絡めるとソウルを使用する関係上、
ソウルが溜まらないと2回目のぶっ放しどころか3回連続発動ができない場合もあるのです

そのため事実上1回限りというわけです

なので発動タイミングは終盤戦
相手のダメージが4以上の時が有効かと
相手のトリガーが乗らないことも大事なのでより確実に倒すのなら5点の時にするべきでしょう

ただし完全ガードの札が手札に何枚あるかはきちんと把握しておくこと
でないとせっかく上げたパワーが無駄になってしまいますからね

またアタック順番も大事です
スタンドトリガーが入っていない場合はあまり気にしなくてもいい気がしますが、
スタンドが入っている場合は絶対にキングから行きましょう

キングは効果で大体15000になっているはず
そこにスタンドを組み合わせると20000ラインでもう一度アタックすることができますからね

そこを注意してぶっ放してやりましょう

□他のライン作り

スレッジアンキロがいますよね
彼は非常に優秀です
ソウルを溜める+パワーを3000させるといったたちかぜに必要な要素を一気に満たしてくれるナイスガイです

ソウルはキングにのため、パワーはギガのため、と使っていけば
上記のラインよりもさらに要求値の高いラインを作成することも可能です

ただアンキロを絡めてラインを作る場合は手札を消費してしまう数が増えるので返しのターンに注意

できることなら相手にターンを返さないくらいのタイミングですることがベストです

□まとめ

独特のパワーの上げ方で勝負をするたちかぜ

その動きには非常に癖がありますが、全身の力を使ってファイトするような、
アグレッシブな戦い方をすることができると思います

何せたちかぜを使う試合では、ほぼ絶対にCBは使いますし、キングがいるとSBも絡めて使用します
なのでファイトが終わればCBもソウルも空っぽな状況が結構あったりするんですよね

そういった感じで全身全霊で戦いたいという人はたちかぜをお勧めします
安定性こそないですが面白いクランであることは保証します

皆さんもぜひ使ってみてくださいね!


それでは!

コメント

もう何も言うことはないですね♪

流石、たちかぜ使いです。
やはり、スレッジアンキロを使うのがベストです。

そうすれば、2ライン21000超えを2ターンは続けられますからね。

3ラインはさすがに無理ですが(笑)

たちかぜを始めて見たり、使ったりすると、退却がもったいないって思う人もいますが、たちかぜはそういうクランですから仕方ないことですよね~

僕もたちかぜを使うので、このラインづくりはよくわかります。

8弾でもっとラインを作りやすくなるのか、それとももっと複雑になるのか。

どちらにせよ、楽しみですね♪
ナリさんコメントありがとうございます

正直アンキロを使うのは個人的にベストだと考えていません
非常手段として使うほうがいいような気がします
彼はソウルにはいきますが手札には帰ってきませんからね

たちかぜは退却がもったいないことはないですよね
むしろ退却させないと勝つことができないくらいです

ただやみくもに退却させるのではなく、計画的な退却が必要ですけどね

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【たちかぜ、ラインの組み方】

たちかぜはラインを作る際見た目によらず細かい計算が必要になってきますギガレックスやウォーリアの配置位置、設置タイミング、退却のタイミングそれらを逐一計算していかないと無...
プロフィール

リュウト

Author:リュウト
弱小たちかぜ使い
日々頑張る

使用デッキ
□たちかぜ
・色々
□なるかみ
・抹消
・ヴァンキッシャー
□むらくも
・マガツ
□ゴルパラ
・旧解放
□メガコロ
・マシニング

アクセスカウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4074位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
301位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。